新しい試みについて


めでたい

最初は勢いでワッショイワッショイ。それはそれで正しい。その後も考えておけば尚更よし。by Trilok Rangan

来年のことを考える時期です。
いろいろな新しいことを始める時に、心得ておきたい常識があります。

新しい試みは、上手くいかない場合が多い。

特に、起業するときは頭に入れておきましょう。
理由は「下手」だからです。
本人のベストを尽くそうと、下手なものは下手です。
一度も転ばずに自転車に乗れる人も、
初めてで卓球のラリーが続く人も、稀です。
新しい職業
新しいプロジェクト
新しいプロモーション
新しいアイデア
新しい組織……新しいことは難しい。

これは常識です。にも関わらず、
いきなり背水の陣を構える人が居るようです。
一番分の悪い勝負に、全財産を掛けている。
意気込みはよく分かりますけどね。

成功の確率は、準備と努力で変わります。
人事を尽くして天命を待つ、というやつです。
それで、新しい試みが成功したのであれば、
神様か仏様に感謝してもいいんじゃないでしょうか。
新しい試みの成功率って、それくらいです。

でも、冒険しないことには始まりません。
中小企業や自営業だって、程度はありますが、
何らかの新しいことはやらないといけないのです。
時代も、社会も、市場も、常に変化していますからね。

失敗しても懲りずに続けたり、新しいやり方を試すための、
お金と、体力と、精神力が要ります。
最初の一発目に命を掛ける勢いで、その結果心が折れるのは、
なんというか、メンタルが中高生のそれなのです。

動機や夢の美しさは、少年のそれでいいとして、
打たれ強さは大人じゃないと、終わってしまいます。

で、なるべく上手くやる方法ですけど、
これは、何事も練習することです。
いやホント、他に方法がありますか?
どんなに有能なアドバイザーが付いたところで、
物事を決めるのもやるのも本人です。

2013年が終わります。
来年はどうしましょう、何を始めましょうか。

今年、僕は本を出したり、会社法人を立ち上げたりしました。
出版の試みは、1度失敗しています。
2度目のチャレンジで上梓にこぎつけました。
会社法人を立ち上げるのは、初めてでした。
これは、上手くやらないと本気で困るので、頑張っています。

このメルマガを不定期刊化してリソースをHPに振り分けるのも、
起業以来の新しい試みでした。これも、上手くやらないといけない。
今のところ成果は上々ですが。

(‘-’)

ウチの業界、来年の3月にサムスンディスプレイ(韓国)が
日本市場から撤退するんですよ。
業務用ディスプレイ1位のサムスンが日本から撤退するってことは、
その穴を埋めるために、色々な動きが出るってことです。
面白くなってきました。
来年も、何か新しいことをやることになるでしょうね。

今年1年お付き合い頂き、誠にありがとうございます。
来年も、お互い良い仕事ができることをお祈りします。

(‘o’)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing