自撮り&スピーチのコツ


クロマキー撮影

クロマキー撮影。背景色を抜く前はこんな感じです。

「経費負担でセミナーをやりませんか」
という営業が最近何度かメールで入りまして、
そのアプローチが興味深かったです。好ましい事例として紹介します。

まず、メールで礼儀正しい体裁でアプローチ。
ここまでは「その他大勢」のやり方。
合わせて、営業本人の挨拶をYouTubeにアップしていました。
これは、お仕着せの挨拶動画ではなく、
「そのメッセージのために撮った」オリジナルの動画でした。
(もちろん、宛先は複数です。数十人?)

動画屋としては、なかなか見逃せないアプローチです。
画質を見る限り、スマホ撮りで照明もやや薄暗く、
しゃべり方も不明瞭なところがあったので、
撮影自体にはあまりエネルギーを掛けていないようでした。

しかし、自らの挨拶を撮影してYouTubeに投稿するという
一手間二手間を踏むことで、
多くの「その他」営業メールとは、違ったポジションを得るわけです。

4回程メールが来た後、弊社に直接電話が掛かってきました。
事情が合わなかったので、参加は見送りましたが、
僕はそのメールを覚えてましたし、丁寧に対応しましたよ。
相手は実在する営業マンであり、
他の人がやらない手間を掛ける人だと分かっていたからです。

この手間を掛ける姿勢を、素直に見習いたいなぁ、と思いました。
「その他大勢」から抜け出す方法は、色々あるみたいですよ。

さて、昨日ネタにした森内の挨拶&実績紹介動画。
DM用のDVDとして制作した動画ですが、YouTubeにもアップしました。



動画の冒頭に挨拶があって、その後は制作例の紹介ですね。
短い挨拶ですが、何度もリテイクしてくたびれました。
普段からやっていないと、こういう時に苦労するのだなぁ………。

自分撮り&挨拶のコツがあります。
これをやると、しどろもどろの挨拶から抜け出せます。
「原稿(メッセージ)」を用意することです。
なーんだ、と言わないでくださいよ、すごく大事なことです。
多くの人はこの点が抜けてます。
原稿を用意してその内容を覚えて喋る。
ただそれだけで品質が別物になります。

ありがちなのが結婚式ですけど、
話下手が原稿を用意せずにスピーチするとどうなるか。
つまったり、まとまらなかったりで、痛々しい内容になるでしょう。
本人は必死なので、当時は頭が真っ白ですけど、
後に撮影された自分の姿を見ると、痛いでしょうね。

アドリブが効く人は、その筋の経験が豊富です。
言い換えれば、練習量が多いのです。
素で頭の回転の早い人も居ます。それは一つの特徴です。
僕はアドリブに向いていないので、事前に原稿を用意するタイプです。
それでいいじゃないですか、それでできるのだから。

(‘-’)

才能よりも準備です。
冒頭に挙げた意欲的な営業マンのアプローチも、
撮影やしゃべり方にもっと手間を掛けていれば、
より良い結果になっていたでしょうね。

(‘o’)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing