ホームページのコツ(改心)


ホームページ マンガード

反省&手直し

5月に、ちょっとした偶然で知己を得た友村さんが
http://mangaad.jp/2013/05/08/%e5%88%87%e3%81%a3%e6%8e%9b%e3%81%91%e3%82%92%e8%87%aa%e5%88%86%e3%81%a7%e4%bd%9c%e3%82%8b%e4%ba%ba/
ホームページのセミナーをやるというので、先週参加してきました。
10年以上Googleとにらめっこをしている方なので、
内容に含蓄があり、当方のサイトも多くの改善点が見つかりました。
やっぱり、その筋のプロはいい仕事をします。
僕も自分の職域において、よりプロらしくありたいものです。
折角なので、内容を簡単にシェアしますね。


■「よくある質問」を充実させる

トップページからリンクされる「よくある質問」は、
その気のある来訪者が、かなりの頻度で見る情報だそうです。
この「よくある質問」を詳しく丁寧に書くほどに、
その情報を経由して問い合わせてくるお客様は、
既に納得して、買う気になっている。

ウチのサイトにも、一応Q&Aは載せていますが、
補足的にちょろっとつけているくらいでした。
トップにリンクを貼って、今後は拡充するつもりです。


■ビジュアル重視でページを作る

来訪者はとにかく文章を読まないそうです。
図やイラストを使って分かりやすく作る必要があります。
これはちょっと切迫感を感じたので、
セミナーの翌日には若干トップページを変更しました。
ちょっとは分かりやすくなったかな……。


■責任者の人柄を出す

誰が責任を取るのか、誰が面倒を見るのか。
これを来訪者に示すと信用を得やすくなります。
この点は、常々僕も申し上げてきたつもりですけど、
よりしっかりと前面に押し出した方がいいみたいですね。
趣味や人柄等、仕事と直接関係の無いプライベート情報も有効のようです。


■顧客の声と笑顔の写真は、お金を出してでも得たい資産

売れているサイトは「商品<顧客の笑顔」の優先度になっています。
商品説明より先に、顧客の笑顔や喜ばしい声を来訪者に見せています。
また、顧客の声を得るために、キャシュバックの仕組みを整えるなど、
徹底して収集に努めています。


■SEO対策=コンテンツ

1テーマ1記事のコンテンツを増やすことで、最良のSEO対策ができます。
Googleはどんどん賢くなっているので、
見た目だけをごまかすSEO対策は、リスクが高くなっています。
商品と関連して、顧客が知りたいと思う内容を記事にする。
すると、検索エンジン経由で商品に関心のある人が来訪するようになります。

(‘-’)

これらは、どこかで聞いたような内容かもしれません。
僕もメルマガで書いたこともありますし、一応やってますし。
しかし、サイト運営のプロは、
「ひとつひとつ徹底して実行している」レベルが違いました。
この点、よくよく僕は反省しないといけない!
ひとつひとつの仕事を丁寧にやっていきたいです。

(‘o’)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing