森内太平について2


森内太平

森内太平

今日が何かの記念日というわけではないのですが、
最近メルマガを読み始めた方も居るようなので、
僕……森内太平について少し書いてみます。
前回の自己紹介は丁度1000号の時にやっていますね。
http://mangaad.jp/2013/05/19/%E6%A3%AE%E5%86%85%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

世界に価値ある面白い仕事を築き、つまらない仕事を駆逐する。
良識を発信し、正しいビジネスプロセスを作り、豊かさを広める。

というのが、弊社マンガードの理念です。
これは名刺の裏面に表示してあります。
僕自身のテーマとしては、さらに長々と文章が続きまして、
それを暗誦しています。アファメーションというやつです。

僕は、面白い仕事が好きで、つまらない仕事は嫌いです。
何が正しいか、面白いかについては、僕の主観です。
基準について明確なラインを標榜することはありませんが、
日頃好き勝手書いているので、その辺からお察しください。
基本的に、嘘やインチキは嫌いです。
働いている人の顔が暗い仕事も嫌いです。
儲かる仕事は好きですが、面白い仕事の方がいいです。

つまらない仕事を駆逐する。
という、攻撃性が信条に含まれています。
「悪循環を作る経営者は死ねばいいのに」
と掲げると流石に過激なので、こんな感じです。

何故こんなメルマガを始めたかと言うと、
中小企業や自営業の世界は、
勉強不足の社長が多いと感じたからです。
また、勉強不足で起業してそのまま沈没する人が、
とても多いからです。
これは、なんとかするべきだ、と。
分をわきまえない僕は、サラリーマンのくせにそんな事を考えて、
独立と同時に無謀なメルマガを始めました。

起業したてで実績の無い人間が、
ビジネス戦略の基礎力なんていう、
偉そうな名前のメルマガを発刊する………。
説得力ゼロで、酷い自己矛盾です。
当時、先達のコンサルタントにそれを指摘されたこともありますけど、
グウの音も出ませんよ。

でもまあ、3年くらい続けてその間事業が存続していれば、
それなりに存在感も出てくるだろうと。当初から考えていました。
なので、自分の中で「1000号 3年間 毎日」という単語を頭に入れて、
毎日書いていたわけです。

最初はしんどかったですよ。毎日この分量で、日替わりネタとか。
仕事柄、文章を書く仕事も多少やってきたので、
「まあ、書けるだろう」とタカをくくって始めたことですが、
やっぱり、色々大変でしたね。
それでも、毎日やっていれば、いい加減慣れてきました。

なかなか書けない、筆が進まない時は今もあります。
でも、そんなときに上手く立ち回れるようになりました。
つまるところ、毎日朝6時にあなたにメルマガが届けばいいので、
そのためのコツを学習した感じです。

で、お仕事です。
これが困った事に、開業当初の漫画広告屋がコケたのです。
自営業だったから切り抜けましたけど、
固定費コチコチの法人だったら、たぶん倒産してます。
しんどかったですよー。
当時メルマガには書きませんでしたけどね。

ちなみに、当時も今も金融機関から借り入れはしていません。
(融資を受ける甲斐性もありませんでしたし)
自己資金が尽きたら廃業という、わりと引き際の早いラインでやっていましたし、
法人化した今もそのスタンスです。
「身の丈に合った商売なら自己資金で回せるだろう」と考えています。
自社ビルを買って潰れた会社も見てますからね。
この辺、拡大志向の経営者とは意見の違うトコロです。

で、事業のピンチで追い詰められまして、
仕方無いので手持ちのネタから「動画制作」を出したのです。
デジタルサイネージについてはサラリーマンの頃に研究していて、
低予算でもできるな、と感じていたので。

それから、およそ1年掛けて事業を入れ替えました。
実店舗ならシャッターを降ろして閉店の挨拶を貼るところですが、
ウチみたく日々の情報発信が絡んでいると、
事業の撤退はなかなか面倒なモノがあります。
それまでの看板や繋がりってものがありますからね。
信用をできるだけ維持しつつ、じわりと事業を変えるには、
思いのほか時間がかかりました。

とういうことで、独立から3年間をざっくり書くと、
・脱サラ&起業して
・事業に失敗して
・あたらしい事業を始めて
・実績を作って
・著書を出して
・法人成りして現在も生存中
こんな感じです。

(‘-’)

また今度書きます。

(‘o’)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing