寝てても収入


豚の貯金箱

寝ててもチャリーン。小額であれば、それなりにやりようがあります。photo by ginza_line

自社用PV制作日記。
リテイクを依頼していた声優さんが風邪を引きましたorz
鼻声だと仕事にならないので、動画の仕上がりも延期です。
季節の変わり目で夜はぐっと冷えるようになりましたから、
お互い体調には気を付けましょうね……。

自分が寝込むと仕事にならないのは、
今回お仕事を依頼している声優さんも、
ウチみたいな自営業系の会社も同じです。
身体が資本で、寝こむと仕事にならない=お金が入らない。
この辺の事業形態の区分は、
「金持ち父さん」のロバートキヨサキ氏が上手いこと図解しています。

ビジネスの形態を
E(従業員)、B(ビジネスオーナー)
S(自営業・専門家)、I(投資家)
の4つに区分して、自分のなりたい区分に向けて活動する。
この辺の考え方を毛嫌いする人も居るようですが、
実態を上手く表現していると思いますよ。

風邪で寝込んでいてもお金が入ってくるのは、
ビジネスオーナーか投資家です。
どの区分で生きるのが正義、というわけではありませんが、
これらの区分は、別にお金持ちじゃなくても実行できます。
普段このメルマガでは、
専門家(S)としてのポジション作りについて書くことが多いですね。

例えばウチは現在、高校生のお小遣い程度の
アフィリエイト売上が毎月入っていますけど、
(一過性なので、いずれ売上は止まります)
これは、僕が過去に書いた記事が
自動販売機になって小遣いを稼いでくれるわけです。
ものすごく小規模ですが、ビジネスを所有している格好です。
ウチはアフィリエイト屋ではないので、
これで食っていくつもりはありませんが。

現在は販売終了していますが、
2011年に「少零細企業の為の売れる名刺の作り方」
というPDFの情報商材を販売していました。525円でした。
http://www.mangakigyou.jp/meishi/
これの売上総額は、ぶっちゃけ大したことはないのですが、
それでも、システムが稼働している間は、
自動的に売れて、自動的に納品して、
自動的にPayPalのアカウントに入金がありました。
なかなか楽しい経験でしたよ。
もし、この商材で沢山の売上を得ていたら、
今は動画屋をやっていなかったでしょうね。

3月に著書を出版しました。
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4865100059/mangakigyou-22/
この本がバカ売れして2刷・3刷と追加で出すようなら、
その都度印税が入ってきて僕はウハウハなわけです!
まあ、現実はそう甘くないようで。

大して成功もしていない僕の事例で恐縮ですが、
小規模でささやかながらでも、ビジネスを所有できる。ということです。
この「塵も積もれば」に徹底する稼業がアフィリエイターですね。

自分以外にも仕事をする機能を所有すれば、何かと便利なのです。
従業員を雇ってもいいですし、システムを組んでもいいですし、
信用を高めてブランドを確立してもいいですし。
魅力的なキャラクターや、評価されるコンテンツを作ってもいい。
仕事の内容は様々で、直接お金を稼ぐとは限りませんが、
やれば何らかの仕事をしてくれます。

(‘-’)

何から手を付けるか?……うーん、そうですね。
例えば、A4のコピー紙を4枚重ねて二つ折りしたら、
A5サイズ16ページの小冊子になるでしょう。
16ページって結構な量のコンテンツが入りますよ。
(今手元にコピー紙がある人は、実際にやってみてください)
あとは縦に止めれるホッチキスを文具屋で用意すれば、
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B000O9YE9A/mangakigyou-22/
あなただけのコンテンツを、見込み客や顧客に配布できるわけです。
あなたのノウハウを、数百円で欲しいと思う人がいるかもしれない。
内容によっては、いい仕事すると思いますけど、如何でしょう。

(‘o’)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing