Facebookをしばらく休みます


Facebook

SNS疲れ、集中と選択、優先順位

Facebookを暫く休むことにしました。
月イチくらいで友達申請やメッセージをチェックするつもりですが、
PCやタブレットのブックマークを削除して、
普段はアクセスしないようにしました。
アカウントは解除していないので、過去記事等はそのままです。
お返事は遅れますが友達申請は従来通りですから、
気が向いたら登録してやってください。

いや、最近気にしすぎだなぁ……と感じてしまったのです。
今までFacebookを含むSNSには、
一定の距離を保っているつもりでしたけど、
気が付いたら無意識にブックマークをクリックする自分に気付きまして、
ちょっと依存症入ってるかな、と。

タイムラインの先に居るのはリアルな人間ですから、
やっぱり気になりますし、気を使います。
特に、誕生日の通知がしんどいですね。見逃してしまうと罪悪感が出てきます。
なんだか、誕生日の通知を人質に、
日々のアクセスを要求されているような気さえしました。
人間関係の発展には良い面も多いと思いますが。

先日の大掃除でミクシィやTwitterのアカウントを削除してるので、
これでSNSとの接点を全て絶った格好になります。時代に逆行中。
Facebookは気が向いたら再開します。
今までSNSに気を回していた時間は、
ぼんやり頭を休ませるか、何かの書きモノに使いたいと思います。



これだけだと単なる日記なので、もうちょっと書いてみます。

僕がメルマガ→ブログ→Facebookの経路で記事を流していた時は、
Facebook経由でブログにアクセスがありました。
それはそれで良かったのですが……途中でやめました。
投稿記事とタイムラインとの相性が気になったのです。
僕の記事は個人的な主張が入りますし、アクの強いところもあるので、
見たい人にだけ目に入る媒体の方がいいかなぁと。

というのも、Facebookのタイムラインは「嫌でも目に入る」メディアなんです。
気に入らない投稿(投稿者)は任意で非表示にできますが、
明確な拒絶って、なかなかできないですよ。
現実の知り合いであれば尚更です。(僕はやってましたけど)

そしてFacebookのタイムラインは
各ユーザーにとっての些細な投稿やトレンドが、大きな奔流になります。
例えば、Aさんとつながる100人の友達が夕食をアップすると、
Aさんのタイムラインは夕食写真で埋め尽くされる。
Aさんとつながる100人が仕事のPRを投稿すると、
Aさんのタイムラインは広告宣伝だらけになる。
100人に短文投稿が流行れば、Aさんのタイムラインはツイッター化する。
各ユーザーは個々の都合で動いているので、これはコントロールできない。

逆に、100人の友達が魅力的な投稿をすれば、
Aさんのタイムラインは素晴らしいメディアになります。
好みのブログやニュースサイトをRSSリーダーに仕込めば、
もっと手軽に実現できますけどね。



日々文章を書くことで、考え仕事の技量が上がる。
と僕は確信していますし、これをあなたにお勧めしていますが、
その面から見たFacebookはどうだろうか。
………いいと思いますよ。
メルマガやブログほど重たくはないですけど、
長文が書ける媒体なので、アリだと思います。
ただ、手軽な分、推敲には向いていませんね。
意識して投稿するなら、別のテキストエディタで一度書いて、
コピペするとイイ感じです。

個人的には、タイムライン上の長文が見切れる仕組みがいいですね。
1回の投稿を美しく納めようと思ったら、改行回数を少なく(4回程度まで)
しかし、読ませるならほどほどのボリュームでテキストをまとめる。
これは書いていて刺激というか、面白いルールでした。
単にスペースの都合の仕様ですけど、文章をまとめる練習になると思います。

(‘-’)

以上、森内のSNS疲れ日記でした。
これよりも、もっと縛りがキツいLINEを、
今の10代20代は使い倒しているのですから、大したものです。
しかし、本来主体的な情報の取捨選択が
外堀を埋めるようにじわりと縛られるのに、
やや危惧を抱かないでもないです。

(‘o’)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing