自動化に後戻りは無い


ロボット

あ、人間先輩、もうおつかれっスかwww

一度プロセスを自動化すると、運用とメンテ要員以外は不要である。
オートメーション化は
後戻りできない変化であることを肝に銘じておきたいです。
これはフォード社が1909年から始めて、今に至る流れです。
個人的に、僕はこの不可逆性に関心があります。
被雇用側にとって、この「お手上げ感」がなんだかすごい。

僕は、代替要員がすぐ見つかる仕事はヤバイ、
と常々申し上げているつもりですが、さらにヤバイのが自動化できる仕事です。
今の「アルバイトテロ」のリスクを考えると、
今後はコストの見直しが図られるでしょうね。
企業の都合でいつでも存在意義が否定される、脆い立場。
忘れちゃいけない。今は車の運転すら自動化される時代ですよ。

日産が2020年までに発売する自動運転車、「入手可能な価格で複数車種を用意」
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1308/28/news092.html

ウチの扱っている液晶看板(デジタルサイネージ)は、
呼び込みの仕事を自動化したものです。
人件費より遥かに安価で、欠勤もサボりも無い。
お客に失礼な姿を晒して印象を下げることもない。
かつて、パン屋の移動販売で呼び込みをやったことがあります。
一日中声を張り上げて喉を潰す代わりに、普段よりもマシな売上になりました。
でも、そんな仕事はもう要らない。

僕が大声で自分の喉を潰していたころ、
同じ呼び込みの仕事で、僕より遥かにお客を集めた人がいました。
その人は、喉を潰すなんて不格好な真似はしなかった。
お客の前で「手品」を披露したのです。行列ができたそうな。

これが自動化出来る仕事、出来ない仕事の違いです。
たとえ、液晶看板がもっと発達しても、
彼の仕事の価値が損なわれることはない。
機械が手品をしても、価値がありませんからね。

(‘-’)

宿命です。
人は、自動化に仕事を追われるのです。
自動化で代替できる場所に居る限り、
独特のポジションを得るなんてありえない。
今現在そんな場所に居る自覚があるのなら、真剣に考えるべきです。
どうすれば、あなたに仕事を頼む理由ができますか。

(‘o’)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing