無料ツールレビュー


ツール

本来無料で使えるレベルのサービスでないのに、これを自然に受け入れて不満を口にするのって、ちょっとどうかと思うわけですよ。

各ツール・サービスについて適当にレビュー。
以前も同じようなネタで書いているので、
過去ログを掘ると認識の変遷が見えてくるかも。


■YouTube

僕は動画屋だから強調しますけどね。ぶっ飛びすぎの性能です。
まず、検索した動画が「すぐに」見れるってのが、物凄い。
動画の転送量ってあらゆるメディアの中で一番重たい情報です。
それが、ハイビジョン画質であってもすぐに見れる。

任意の場所から自由に再生ができる。
個人のページを自由に開設して、発信の拠点にできますし、
ユーザー間での交流も可能だし、
視聴するユーザーを制限できますし、
ブックマークを編集すれば一日中BGM代わりに使うこともできる。
アップロードできる本数も長さも、事実上無制限。
1人が1000本以上の動画をアップロードしても、無料。

「動画サーバー 料金」で検索してみてください。
YouTube同等の性能を自前で用意しようと思ったら、
月額数万円じゃすみませんよ。
しかも、YouTubeは自社のCM動画の掲載を認めています。
商業活動許可で無料とか、どうかしています。


■Twitter

別名馬鹿発見器。
それは利便性と影響力の裏返しでもあります。
米国時間の9月12日に、Twitterが上場の手続きを開始しました。
世界中に影響を与えるメディアに育ちながら、
それまで財務状況を非公開にしてきたTwitterが、
遂にその稼ぎを公開する日が来るわけです。

Twitterは既に巨額の資金を投資家から調達していて、
その会社評価額は100億ドル(1兆円規模)だったそうです。
上場して株式が公開されると、沢山の人がTwitterの株を買うので、
上場前に資金を投資していた人は、会社の価値が上がる分儲かるのです。
なので、投資家達は
「金出したのだから、はやく上場しろよー(ワクワク)」
とTwitterに働きかけるわけです。
当方では暫く前のSNS整理でアカウントを削除しています。
今だに「森内太平」でYahoo!検索すると、
検索上位にTwitterの履歴が出てきますけど。


■Facebook

SNS疲れしてませんか?僕はほどほどに距離を置いてます。
投稿はぼちぼちやってますけど、
何かの拍子に更新チェックするようになったら、
中毒に片足突っ込んでるので、ちょっと気をつけたいな、と。

僕はFacebook広告を利用していませんが、
関連書籍を読む限り、かなりノウハウに依存するようです。
今のところ、僕のタイムラインに表示されるFacebook広告は
「僕が胡散臭いと思う」広告が多く表示されています。
ウザいのですぐに非表示にしますけど。

広告の提供に関しては、Googleの方がストレートで良い仕事に思えます。
Googleは検索履歴に関連したディスプレイ広告を寄越して来ますからね。
たとえば、僕が「27インチのPCモニター」を検索して調べると、
その後当分の間は、各サイトの広告ペースにPCモニターが表示されます。
「これに興味あるんだろ?ん?」みたいな。
個人の趣味嗜好がブラウザに出てくるようになるので、
会社のパソコンで趣味の検索すると、色々バレちゃいますよー。


■Dropbox

開業以来ウチのデータをPCの故障から守ってくれているので、
そりゃ贔屓目にもなりますよ。
特に2011年正月のパソコン故障では、
これが無かったらメルマガ原稿やロゴマーク等、
事業のIPに関する情報を失うところでしたから……。
http://www.digitalsignage-kure.jp/designdog/entry-10757158317.html

(‘-’)

本当は今日は、無料サービスを使ったレバレッジについて
考察を書こうかと思ったのです。
「良い方にも悪い方にもレバレッジが効く」ことについて。
でも、説教臭くなるのでやめました。
これについては、また内容を整えて書きます。

(‘o’)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing