普通のやり方でも採算は合う


すぐに実力や信用が付くわけではない。身の丈にあった商いで成長させる。

すぐに実力や信用が付くわけではない。身の丈にあった商いで成長させる。

新しいビジネスの手法に魅力を感じるのは良く分かるのですが、
「別に、普通の商売や普通のやり方でも採算は取れますよ」
と申し上げたいです。
「普通」の定義やレベルで揉めそうですけど、
ぶっ飛んだ発想やもの凄い行動力や、清濁併せ呑む器がなければ、
事業家としてやっていけない、ということはありません。

とりあえず事業を存続させるレベルであれば、
「普通」を順当に鍛えた実力で運営できます。
前提として、サラリーマンから意識を変える必要はありますけど。

大事なのは、市場の需要に応える商品を扱うことです。
「ここにドライブインがあればいいのになぁ」
と人々が感じる場所にドライブインを作ったり、
新興住宅地の近くに床屋や診療所を建てたり。
高齢者の多い地域で宅配ビジネスを始めたり。

そして、一つの商売がいつまでも通用すると思うから難しい。
そんなの社会の変化に合わせて幾らでも変わります。
職業意識は大切ですけど、職種と心中する必要は無いです。
今の仕事が難しくなったら、
経験が活かせる、新しい仕事を始めればいいのですから。
(少なくともウチはそうでした)

販促だって、チラシなどの古典的な方法でも効果はあります。
採算が合わないのは、作り方、配布先、コスト計算を間違っているからです。

起業を考える人にとって、切実さや緊張感は大事です。
でも、思考がドツボにはまって、悲壮感を伴った中二病みたいになって、
「俺は悪いことだってやる覚悟があるぜ!成功のために!」
なんて気張らなくてもいいです。
世の中を見渡してください。普通に商売しています。
突飛なやり方に依存して、ウロウロ探すのは、
手を着ける仕事に無理があるか、仕事が下手なのです。
実力不足を責任転嫁するのはよくない。

(‘-’)

「悪事を働かなくてもお金は稼げる」
これはGoogleのポリシーからですが、この通りだと思いますよ。
https://www.google.co.jp/intl/ja/about/company/philosophy/

世の中には無数のお仕事がありまして、
ネットで脚光を浴びる仕事はその極々一部に過ぎない。
僕自身、ネットを情報源として頼っていますけど、
極端な情報に触れる機会が多いと、
いつの間にかバランスを欠いた頭になっちゃいそうです。

(‘o’)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing