最初から本気で


サッカー

真剣勝負の練習をしておいたほうがいい。手抜きのクセが付くと結構悲惨。

様子見で、おっかなびっくりの仕事をする。
お伺い前提で歯抜けだらけの仕事。
詳しい話を訊くまでは手が動かない。
………ついつい、やってしまいがちです。
僕もかつてはこの気があったのですが、
どう考えても最初から本気でやる方が
時間も結果も有利である、と気付いてから、
なるべく最初から本気でやるようにしています。

「本気でやる」という表現は、実は弱い。
僕の言葉で素直に表現すると、
「最初から殺す気で仕掛かる」くらいで丁度いい塩梅です。
それくらいの気概で、やっと現実に即した本気になります。
「本気」という自己の認識では、実際は本気になれていない。

YouTubeでいつか見た格闘系の動画で、
ミットを持ったコーチが練習生に
「本気で蹴ってこい」と指示するシーンがありました。
この時点で展開が読めますね。
練習生が「ふつうに本気」でキックすると、
コーチがマジギレするわけです。
「それが本気か、お前俺を舐めているのか」と。
そのコーチがものすごい剣幕で練習生にビンタするまでが、
まるで様式美のようです。
イヤな通過儀礼だなぁとは思いますが、
現場でも自己啓発でもスポーツの世界でも、
よく聞くパターンですし、僕も経験しています。
「本気」をオーダーされたら、普通の本気では足りません。

本気を出すと疲れる、というのは錯覚です。
半端な仕事を何度もやり直す方が疲れますし、
仕事をしくじるダメージの方が大きいです。
不毛なやりとりで自分を癒やす時間も失います。
だいたい僕の場合……もしかしたらあなたもですけど、
加減した仕事で客が納得するほど、ぶっ飛んだ力量がありません。
力量がそもそも不足しているのに、
小賢しいことを言って力を出し切らないとか、
どんだけ仕事舐めてますか。

(‘-’)

本気出したらSクラスの実力だけど面倒臭いからBクラス。
なーんてのは漫画の世界だけです。
現実は手を抜いた分だけ、実力の上限が下がっていきます。
本気を出すことすら、練習の産物です。
練習しないことは上手くできないんですってば。

(‘o’)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing