ワードを使ってDMを作る


Office

キングソフトオフィスのようなOfficeの互換系ソフトでも、大抵は差し込み印刷に対応している。

まぐまぐでは対応していませんけど、
独自配信のメルマガでは<name>のようなタグを配置した場所に、
リストの文字列を差し込むことができます。
なので、メルマガ登録時に名字も集めるようにしておくと、
こんな体裁でメールが送れたりします。

—————————————————————–
<name>さんお元気ですか?森内です。
僕自身は夏バテを自覚せずにやっておりますが、
身内や友達で、結構バテ気味の人もいるので、
暑中見舞いもかねて<name>さんにメールしてみました。
お元気なら何よりですが、暑さに参っているのでしたら、
こんな涼しい話は如何でしょうか。
実は数日前………。
—————————————————————–

この場合<name>の箇所があなたの名前になって届くわけですね。
メッセージの基本は「あなたとわたし」です。
なので、本文に名前を差し込みできる仕組みだと、
なんだかんだで伝わり方が変わります。
人は、名指しの文章を無視しにくい。

さて、タイトルにやっと触れますけど、
ワードとエクセルを組み合わせると、
このようなメルマガ的な手法の「手紙」がプリントアウトでも作れます。
仮に、宛先リストが100件あれば、
本文にそれぞれ名前を差し込んだ100通の手紙が自動で出力できます。
年賀状をワードで作るときに差し込み印刷の機能がありますけど、
あれを本文にも使うわけです。

ハガキDMの場合も使えます。
宛名面に郵便番号、住所、名前を印刷して、
そのまま裏側の本文でも名前を差し込み印刷できます。
この場合、ハガキの両面印刷に対応しているプリンタが望ましいですね。
検証したところ、そこそこ良い体裁にはなったのですが、
ウチのレーザープリンタがハガキの両面印刷に対応していなかったので、
本番運用は思案中です。

(‘-’)

ちょっとずるい考え方かもしれませんが、
自分の名前の入った印刷物は捨てるのに若干抵抗があります。
捨てるにしてもゴミ箱にポイではなく、
手間を掛けてシュレッダーにかけることが多い。
勿論、前提に名前を頂戴して、送る許可が必要ですけどね。
一瞥してゴミ箱に投げれない印刷物というのは、
受け手にとっては面倒ではありますが、
送り手にとっては一般のDMと別の扱いが期待できる、
それなりに使い様のある道具だったりします。

(‘o’)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing