デモンストレーションの機会


実演販売

シャムワウの実演ビデオは強烈でしたね。でも検証すると…http://youtu.be/SNDFoxBHpnI

仕事はデモンストレーションの良い機会です。
都度、顧客や見込み客に対して、
仕事の質や信頼性を証明するチャンス。
日々の仕事をデモンストレーションとして意識する人は、
時間と共に信用が高まります。

別に独立自営の話だけじゃないですよ。
バイトでも派遣でも正社員でも、僕が見てきた限り同じで、
「仕事=デモンストレーション=信用の構築」
の意識がある人は、仕事の質が良い。
都度、何かしらを掛けてやっているので、力が入っています。

僕は、メール等で相談を受ける時に、
若干の仕事を混ぜて返信することがあります。
動画の相談であれば、動画の企画を提案します。
コンサルの打診であれば、コンサルのデモを入れます。
企画の相談であれば、企画のアウトラインを提案します。
仕事を取るためのプレゼンと考えれば、至って普通です。
大きな仕事を取る時にはプレゼンを頑張るのに、
小さな仕事では意識しない人が多いように感じます。
構造は同じだと思うのですけどね。

この対応は、そこそこの確率で実際の仕事に繋がります。
前もって、実際の仕事ぶりを少し見てもらうのです。
その上でご自由にお決めください、と。
ふんぞり返って「いいから私を信じろ」と言うよりも、
論より証拠で実力を見せる方が話が早いです。

打診や相談は、おっかなびっくりの行為です。
完全に信用しているなら、即発注していますよ。
理解しきれていない、見定めていない。
だから、怖くて妥協すらできないのです。
実力の程を把握していれば、落としどころがあります。
この予算でこの仕事で………まあ順当かなぁ、と。
僕たちは、落としどころの判断材料すら、
十分に顧客に提示できていません。

デモンストレーションに失敗すると、痛いです。
自分の評価が定まってしまいます。
本来の実力は関係ありません。
見せた証明がそれなのだから、それが事実です。
愛嬌や馴れ合いで済む関係ならそれでも保ちますが、
そうでなければ舐められます。
妥協や譲歩を求められるようになりますし、
「使って」はもらえるかもしれませんが、
「頼って」はもらえなくなります。
納まるポジションが真逆ですよね。

落ちた評価を取り戻すのと、
最初からしくじらずに新しい関係を構築するのでは、
どちらが効率的だろうか?
これに万能の答えはありませんけど、場合によっては、
デモンストレーションに失敗した顧客とは関係を精算するくらいに、
僕は重く考えています。

(‘-’)

頼られるポジションを意識しない、目指さないのは、
いくらなんでも志が低すぎます。
何らかの仕事のプロフェッショナルであれば、
その分野で頼られる存在であるのが当たり前です。
頼りにならない医者に身体を診てもらいたくないでしょう?
頼りにならないコンサルに相談したいですか?
切実な問題解決を託す先は、何時だって頼れる人です。

日々の仕事が証明です。顧客は見ています。
日々の情報発信も証明です。見込み客は見ています。

(‘o’)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing