本業とマーケティング


本業とマーケ

マーケティングが面倒なら、従業員の立場か、自営業でも御用伺いの立場になることだ。どういうポジションか分かるよね。

先週から立て込んでいた、
税務署・年金事務所・銀行・役所を行ったり来たりする作業、
つまり法人化に伴う行政手続きですが、やっと終わりました。
面倒ではありましたが、
10万円からの委託料を浮かせたと思えば、これも仕事ですね。
弊社は合同会社で、従業員を雇わないスタイルなので、
労働保険や雇用保険の手続きは無し。まだラクな方でした。

ぼちぼち法人設立の挨拶状を発送しなきゃなりませんし、
法人用の電話回線は敷設(ふせつ)の申し込み中ですし、
銀行のキャッシュカードはまだ到着していませんし、
(未精算の立替金が着々と増えています………)
法人クレジットカードの申請も結果待ちです。
青色申告や決算処理用に経理ソフトの導入も必要だし、
ホームページや名刺の更新もやらなきゃならない。
お役所系の手続きが終わっても、まだまだ続きがあるわけです。
これが全部、営業外のお仕事。直接お金にならない。

当面これらの作業に手を取られるわけですが、
僕にとってより大事な作業は、マーケティングです。
「広告を出す=受注」の流れを作る必要があります。
システムを考える作業は終えていますが、
そんなのは仕事の極々一部でしかない。
手を動かして、実際にやらないと分からないことが、沢山あります。
やらないと分からない事が多いのだから、手を着けない理由が無い。
とにかく動かないとお話にならない。

小さな会社(自営業)には、2つの仕事があります。
「本業」と「マーケティング」です。
例えば、接骨院の院長が、
口コミの活動も、紹介キャンペーンも、広告も打たないで、
整体の技量のみを追い求めたらどうなるか?
信用を培って評判になる前に、資金がショートします。
上手い料理さえ作っていれば評判になって、
いつか赤字が逆転するのを期待する飲食店と同じ。
事業主にとって、マーケティング・営業をやらない、
という選択はありません。
やりたくないのであれば、従業員の立場がお勧めです。
しつらえた環境で、自分の本業に思いきり集中できます。

(‘-’)

やるべき「行動」について、焦りはありますか。
少々荒っぽい言い方ですが、「行動しない限りクソなまま」です。
自己啓発でやる気がみなぎっても、
勉強で得た知識で優越感を感じても、
行動予定を立てて満足しても、
ブログやメルマガで決意表明しても、
「では、あなたは、今日何をしましたか?」
に答えられないなら、何も変わっていません。
この問いに沈黙したり、言い訳する人が居る。
もちろん、僕も人ごとじゃありませんよ。

(‘o’)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing