お仕事の種類と選択


液晶看板

液晶看板の販売は効率が良い。その代わり独自性に寄与しない。動画制作は効率が悪い。その代わり独自のポジションを得やすい。痛し痒しです。

今週は東京出張のため、記事を書きためています。
似たような傾向の記事が続いていると思いますが、
この点ご容赦ください。省エネ省エネ。
昨日僕の仕事について少し触れたので、もうちょっと書いてみます。
お仕事の種類と選択について。

今現在の僕の仕事は、
・デジタルサイネージ機器の販売
・映像制作
が主です。アフィリエイトや有料コンサルや、
それに付随する仕事もお受けしていますが、傍流ですね。

労働時間に対する儲けが大きいのは、
デジタルサイネージの機器販売です。
実働1~2時間の事務作業で、相応の利益があります。
労働時間に対するレバレッジがある、と言ってもいい。
この仕事は、人に委託できるメリットがあります。
例えば、WEB経由の資料請求への対応は、僕がやる必要は無い。
手順を整えれば、より多くの業務を人に任せることもできる。

もう一つの仕事、映像制作はどうか。
これはしっかりと作業時間が掛かりますし、僕がやらなきゃならない。
タレント依存なので、僕が病気で寝込んだら仕事は止まります。
駆け出しの頃より手が早くなってはいますが、
立て込んだ案件であれば制作に3日は見ています。
現在、映像制作は6万円~で受けていますから、
掛ける日数で日給に2~6万円の差がある。
この仕事には、時間的なレバレッジがありません。

映像制作は効率が悪いじゃないか、
何故、サイネージ機器の販売に注力しないの?
ええ、その方が効率よく稼げますとも。
ただ、仕事を通じて得る資産は、両者に違いがある。

マンガード、もしくは森内太平というブランドを作るのは、
後者の映像制作です。
前者は利益の効率は良いが、いち販売者でしかない。
どちらの仕事も信用は築けますが、効率が良いのは後者です。
そして、映像制作の仕事は、僕にビジネスの所有権がある。

いち販売者は、特別なポジションを得るのが簡単ではない。
例えば、当店が扱うアイキャッチXであれば、
現在全国で57の正規代理店がいます。(メーカーHPより)
商圏が重複しないようにメーカーは配慮していますが、
ネット上では競争の枠内にあります。

リスク回避の為に複数の収入源を得よ、というアドバイスがあります。
僕も賛成で、このように複数の仕事をやっていますが、
資源の振り分けには注意したいところです。
時間も資金も集中力も、分散するほどに力を失います。
僕の場合、どちらかと言うと映像制作を優先していて、
機器販売は販促を抑え気味です。
お客様は、機器をどの代理店から買っても同じ結果を得る。
しかし、映像コンテンツに関しては、僕から買わないと損をする。

(‘-’)

働いて稼いで、その後何も残らない。
そういう働き方を続けると、後でしんどいモノがあります。
少なくとも僕は「後でしんどそうだなぁ」と思っている。
賢い人は仕事を通じて資産を作ります。
稼いだ金で土地を買うもよし、株を買うもよし、
僕はそういうのが苦手なので、とりあえず信用を買っています。

(‘o’)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing