人がやらない事をやる


出版実現セミナー

起業を考えている人、専門家としてのポジションを確立したい人は参加した方が良いですよ。

差別化の方策は色々ありますが、
「人がやらないことをやる」というのは、
シンプルで結果が出やすい。
あなたも僕もビルゲイツも持ち時間は24時間。
同じ資源をどう振り分ければ、差別化に至るだろうか?

例えば、出版。
この前からFacebookで広島で来週開催される
出版セミナーの案内をやっていますが、
びっくりするくらい乗る人が少ない。
(まぁ、僕はFacebookの友達が少ないのですが)

——————————————————-
2013/6/15 出版実現セミナー
https://www.facebook.com/events/184120821753682/
——————————————————-

本を出そうとしない、出版を目指さないのは、
とてもとても、沢山の人がやっていること。
「いつか出したい」
なんて内心思いながら、人と同じ事をやって安心している人が、
「差別化を目指す」なんて言っても、僕は曖昧に笑うしかない。

会社に役立つ特殊なスキルを取得してはどうだろう?
スキルマート(造語)から購入できます。
あとは、レシピに従って所定の時間練習する。
例えば、小売りの現場でアナウンスの勉強は如何ですか。
モノにすれば、従業員を指導する立場になれるかもしれない。
指導や売上アップの実績を積めば、それを足場に独立も可能でしょう。

人がやらない事をやる。
それが見えていても、多くの人はやらない。
実行するという選択肢が、何故か頭から無い。
ならば、頭のねじを外して、視界を切り替えて、
実際に取り組める人が圧倒的に有利です。

組織を、そんな目で眺めてみてください。
呪いにでもかかっているのかと思うくらい、
人がやらないことに、手を付けたがらない。
何故、代わりがすぐ見つかる人になろうとする?
何故、十人並みを目指す?

人と違うスキルを披露すると、嫉妬を買います。
僕は経験があります。でも、だから何?
僕は、いくらでも代わりのいる人間になる方が、
よっぽど危険だと思いますけど。

企業は、コントロールしやすくて、有能で、忠実で、
勤勉で、しかしいざとなったら容易く解雇できる人材が欲しい。
それと同時に、代わりの効かない希少性があり、
余所には無い優位性をもたらしてくれて、
かつ、忠実で勤勉で有能で裏切らない人材も欲しいのです。

(‘-’)

副業はどうだろうか?
趣味のサークルを作って、その中心者になるのはどうだろうか?
自己紹介の動画を作ったらどうだろう?
人と違うことをやれば、人と違う結果が出ます。
十人並みの行動に右ならえして、安心するが故に、
十人並みのリスクに晒されて不安になる。
人並み外れた努力や選択は、無いものでしょうか。

(‘o’)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing