YouTube広告の誘導率


iPadminiでショートムービーを作ろう!

現在の再生回数はこちら

YouTubeを使った広告は下記の手順です。
1、YouTubeに動画を投稿して
2、これを広告してユーザーに視聴してもらい
3、販売サイトに誘導する
見た感じ、結構シンプルに思いませんか。
実際のところ、それぞれにハードルはあるんですけどね。

さて、僕が3月に出した著書、
「iPad miniでショートムービーを作ろう!」です。
出版社から「動画広告は無いのか」と言われまして、
慌ててこれを作り、しかし内容的に
「政治的にこの内容はヤバイのでやり直し」
と駄目出しを喰らい夜中に対応するなど、
ちょっとゴタゴタもあったのですが……。

今現在はこの体裁で公開しています。



これとは別に、ナレーションを声優に依頼した版も、
現在準備中です。比較検証の興味深い材料なので楽しみです。
ちなみに、今現在のナレーションは僕(森内)の声です。
よく「普段の声と全然違いますね」と言われます。

再生回数に注目。
このメルマガを書いている今現在で5912回です。
ネット上のスターでもなく、旬のトピックでもないので、
本来この回数になるわけが無い。
この再生回数は広告出稿によります。
YouTubeにお金を払って露出を増やし、再生回数を上げています。

今現在が検証中であり、途中で仕切り直しもしていますが、
現在下記のような計測結果がでています。

視聴回数:2752回
平均広告視聴単価:6円
費用総額:16218円
ウエブサイトクリック数:292回
動画を最後まで見てくれた人の割合:8%

つまり、

・広告費用が16218円掛かった。一回の再生で約6円の費用。
・2752回動画が再生され、そのうち8%の220人が動画を最後まで見た。
・動画で紹介したURLを、292人がクリックしてページを見た。
と、こんな具合になります。

はて、この数字は良いのやら、悪いのやら?
今回は1人あたりのアクセス流入に55.5円かかりますが、
アドワーズで広告を出すと、
一人あたりのアクセスに100円以上掛かるのもザラです。
しかし、出稿するジャンルによって広告料は大きく変わるので、
これまた一概に言えないのです。

興味のある人をサイトに誘導する手段としては、検討もアリです。
そこから販売するもよし、
メルマガや無料レポートの登録(リスト集め)を促すもよし、
資料請求や無料サンプル送付に繋げるもよし。

これを「1万回」の動画再生に換算すると、
店舗経営でチラシ広告を使う経営者は、
なんとなく数字がつかめると思います。
およそ6万円の費用が掛かり、
そのうち、800人が最後まで動画を見てくれて、
1060人が店舗に訪れるわけです。(しかし、買うかどうかは別)

もっとも動画制作の場合、
当店であれば6万円の制作費が掛かりますから、
チラシときっちり比較するなら、
印刷賃、折込料金、デザイン料等も比較する必要があります。
この辺は事業者によって大きく変わるので、省略します。

あとは誘導の確率でしょうね。
動画もチラシも同じですが、中身次第で結果が全く変わります。
反応率がいわゆる「センミツ(0.3%)」であるなら、
ウチの動画(10.6%)の方がスジが良いことになります。が。
これも一概に言えませんねぇ……。

仮に、6万円の予算を1日に投下してアメブロに指向すれば、
800人の「実体のある」来訪者が来るわけで、総合でも相当上位に行きます。
(アメブロのPVが水増しされている実態は、以前から書いていますね)
分野にもよりますが、部門1位はわりと現実的です。

(‘-’)

以上、特に結論は用意していませんが、
現在計測中の数字からリポートしました。
ネット上での広告をお考えの方は、参考にしてみてください。

(‘o’)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing