ホームページについて


森内太平のブログ

カスタマイズしていくとブログとホームページの境が曖昧になってくる。ブログは更新型のコンテンツ。

ホームページについて書こうと思ったら、
書くことが多すぎてちょっと戸惑いました。
よく考えたら、本が書けるくらいの題材ですね。
収拾が付かないので、今日は少々投げっぱなしです。


■そもそもホームページは必要か?

業態にもよりますが、概ね必要です。
異業種交流会に名刺の束を持って出かけるようであれば、必要。
地元の人間関係に依存するタイプの商売であれば、
無くてもやっていけます(飲み屋とか)。

信用(身元証明)と、販売(販促)。
ホームページには二つの機能があります。前者は割と簡単。
制作業者に丸投げしてもいいし、ちょっと頑張って自作してもいい。
後者は簡単ではない。後者を制作業者に丸投げするなら、
コンサルタントやコピーライターを巻き込んだ
相応のプロジェクトになるとお考えください。

起業当初に「売れるホームページ」を作るのは簡単ではありません。
最も欲しい情報の一つである、
「お客様の声」「有識者の推薦」が手に入らないからです。
なので、これらの情報は起業当初から
積極的に集めることをオススメします。
いずれHPをバージョンアップさせる時に使いますからね。


■事業者に安く作らせる方法

「ドメインとサーバーを自社で用意」これに限ります。
これさえ抑えておけば、事業者を選べるようになります。
既に過去のビジネスモデルですけど、
昔の制作業者は月々の管理費で稼いでいました。
実際は、管理することなんて殆ど無いのにね。
事業者が自らコンテンツを更新できるCMSという仕組みが登場して、
このビジネスモデルは難しくなりましたが、
未だにうっすらと、背景にあるわけです。

「自社でドメインとサーバーを契約しているので、
コンテンツだけを作ってほしい」
こう言えば、しっかり20万円くらいの制作費を請求されます。
それでいい。
ランニングコストや選択の自由を縛られるよりマシです。
制作には確かに手間が掛かるのですから、
その分の技術料は、しっかり対価を払えばいいのです。
ともあれ、ドメインとサーバーを自社で用意するのがポイントです。
WEBショップや独自配信のメルマガ等、後々できることも圧倒的に違います。


■ひな形(テンプレート)で「らしい」HPを作るには

制作ソフトを購入してひな形を使うと、自前でも整ったHPが作れます。
……という触れ込みですが、実際に自作すると、
なんだか貧弱な印象のホームページに仕上がることがあります。
見栄えは悪くないのに、何故だろう?
この違和感は、まずトップページの画像が原因です。
事業に関係の無い「格好の良い写真」を使っている場合が多い。
ひな形用に用意される画像は、
使い回が効く分、事業の訴求や関連性があまり考慮されていません。
「意味不明だけど格好の良いヘッダ画像」を使うくらいなら、
職場&従業員の集合写真の方が説得力があります。

テンプレートの素材は基本的にリッチです。
ボタンが装飾されていたり、配色が凝っていたり。
アニメーションが仕込まれていることもあります。
その外観に不相応なコンテンツだと、違和感が出ます。
文章が少ないとか、事業紹介の写真が少ないとか。
そういったコンテンツ不足は、ガワを豪華にしても解決できません。

ホームページを自作するということは、
「ここに説明の文章が欲しいですね」「こんな写真はありませんか?」
という指摘がないのです。自分の感性や知識に依存。
自前で作るHPの問題は、往々にしてブレーンの不足が原因です。

(‘-’)

自作を否定する気はサラサラありませんが、
外観の美しさは軽く見ない方がいいです。
やっぱり整った体裁のホームページは、信用を得やすいです。
人間の外見で印象を抱くのと同じで、理屈以前に影響があります。
テンプレートを使っても構いませんから、その点をクリアした上で、
中身を整えていきましょう。

(‘o’)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing