ビジネスは価値の交換


原始時代

人類のあけぼのの頃は、取引もクソも無い。生存の為の共有協力が何よりも先だった。やや暮らしに余裕が出来てから取引が生まれた。(想像込みで適当に書いています、考証はありませんのでご了承ください)by Hanumann

ご先祖様達の商取引は、物々交換から始まりました。
つまり、価値と価値の交換です。
山で採った果実と、海で獲った魚を交換していた。
それじゃあ、モノが腐って不便だし、
交換したい時にモノが無い時は、困ってしまう。

どこかの誰かが、石や貝殻など、山の人も海の人も
「概ね同じ価値を感じる」モノを仲介すると、
やり取りが便利であることに気付きました。
「こうすれば何時でも交換できるじゃん、俺って頭いいな!」

その後、物々交換の代替品として、貨幣が発明されました。
これは、権力が価値を保証した、官製の交換品です。
数字で価値の量を計れるので、ものすごく便利になりました。
金や貴金属は産出に限度があるので、
このままでは一定以上の経済規模を維持出来ませんが、
貨幣は幾らでも作ることができる。
国家による「約束事」が国民に信用されている限り、
商取引の仲介として機能するわけです。

その後、約束手形を使うことで、
大量の貨幣と紙切れ1枚を交換する方法が考え出されました。
モノよりも便利な貨幣。
それよりも更に便利なのが手形、というわけです。
その後、手形は進化して、遂に「お金は情報である」と結論されました。
クレジットカードの登場です。
信用に基づいた情報は、実体である貨幣の代わりになる。
もはや僕達は、買い物に貨幣も手形も要らないのです。
Amazonにクレジットカードの情報をあらかじめ登録しておけば、
全てをツケで購入できてしまう。
クリッククリック、今日も気になるあの商品をクリック!

寓話的に商取引の歴史を振り返ってみましたが、
最初の最初、ご先祖様達のやり取りの頃から、根っこは変わっていません。
価値と価値の交換です。
貨幣や情報により、中間の工程はややこしくなりましたが、
最初と最後のやり取りは同じなんです。
「あなたや僕の産みだした価値は、等価と交換できる」
ただそれだけの話です。



我々の仕事に値を付けるのは、我々ではありません。市場です。
魚が余っている街で魚を売ろうとしても、大した値段にならないのです。
なので賢い人は、自分の獲った魚を、魚が不足している街で売ろうとします。
これで、同じ手間を掛けた仕事でも、より多くのお金と交換できます。

自分の仕事で相応の報酬を得るために、いくつかの方法があります。
・魚が不足している市場で売る
・珍しい魚を売る
・目立つ売り方を工夫する
・魚を加工して別の商品に仕立てる
・お客があなたから買う理由を作る

どの方法でも、何も考えずに魚を売るより、マシな結果になります。
この基本は、経営者もサラリーマンも変わりません。
そして何よりの前提は「価値を生産する」こと。

(‘-’)

今現在、価値の交換の間には、複雑で長いプロセスがあります。
その間で上手く立ち回れば、収益を得ることもできる。
ただ、自分で産みだした価値が何なのか、その正体を知っている人の方が、
地に足の付いた仕事ができるのは間違い無い。
それは、自分の心の健康であり、健康な人生に関わります。
自分の仕事の正体を知ることをお勧めします。
何を成して、どんな価値を生み出し、誰を幸せにする仕事なのか。
これは、人生の幸不幸に関わる課題です。

(‘o’)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing