学びにお金を掛けた方が成長する


無料コンテンツは試食

無料コンテンツとは、つまりこういうことだ。買え、努力しろ、対価と引き換えに学べ。by Osamu Iwasaki

日々無料で発信している僕が言うと
自己否定になっちゃうのですが、
無料情報で深い学びを得ようと思っても……無駄。
人間って、対価を払わない事柄に無関心です。
無料情報に性根を入れて傾聴して、
実際に人生を変化させることができるなら、天才の類ですね。

「性根が入る」という表現は方言でしょうか?
昔世話になった上司がちょくちょく口にしていたので、
僕もこの表現を使うようになりました。
「根性が入る」「気合が入る」と同意語ですね。

タダだと、性根が入らない。
これは、情報の価値とはあまり関係が無い。
一流のコンサルタントや経営者が
質の良い情報を提供しても、何故かスルーします。
聞いても右から左に抜けていく。

一方、相手が三流のコンサルタントであっても、
お金を払ってしまえば、傾聴する。影響を受ける。
つい昨日、馴染みのブロガーが同じ様な記事を書いていたのに、
自分の中に染み入る度外が全く違う。

無料情報で気をつけたい点は2つ。
一つは、本当に貴重な情報やアドバイスは、対価無しに手に入らない。
(対価はお金とは限らない、人間関係や心の報酬なども含む)
もう一つは、無料情報を受信するアンテナは、感度が鈍い。

前者については何度も記事で書いていますね、当然のことです。
例えば、僕が本気で販促やブランディングに知恵を出すなら、
それは対価を払う顧客に向けてのことです。
このメルマガやブログ上で、そのような提供は、ない。

後者は日常の光景です。
情報の価値があっても、受け手の感度が低ければ意味が無い。
同じ講演を聞いて人生が変わる人もいれば、
一時の娯楽で終わる人も居るわけです。
お金を出して買う書籍ですら、
書かれているアドバイスを実践する人は少数です。
ましてや、無料で手に入る情報ですよ。

(‘-’)

身も蓋も無い話ですが、
お金を払って勉強なり実践なりしている人の方が、伸びます。
無料情報のつまみ食いで成長しようなんて虫の良い考えからは、
卒業した方が宜しくないですか。

(‘o’)


$映像の看板・デジタルサイネージ専門店 | マンガード | 広島市・呉市-デジタルサイネージ呉・マンガード

マンガードでは、デジタルサイネージやWEB用のプロモーション映像制作を通じて、
事業者様の販促を支援しています。
詳細は下記よりご覧いただけます。

商品の詳しい説明
お客様の声・制作実績
→ブログやホームページ用の映像
お気軽にお問い合わせください(全国対応)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing