当番制で店舗ブログを更新


書くの面倒くせー

面倒臭いけど、言われてる仕事だし、とりあえず書く。…では困る。by Pdro (GF)

複数のライター、担当者でブログを運営する手法。
大手ニュースサイトがそうですよね、組織ならではの安定性があります。
たとえば、○○作りのプロフェッショナルである、あなたのお店は、
それぞれ一家言のあるライターを抱えているようなもの(潜在的には)。
なかなか魅力的な体制ですし、成果も見込めます。
ただ、品質管理で問題が出やすいので、
更新担当の教育に気を付けた方が良いでしょうね。

よくあるお店のブログで、
更新することが目的化している場合があります。
毎日更新・毎週更新は手段です。
目的はあなたのお店にプラスの効果があること。違います?
その過程として、
店主店員の好ましい人柄を伝える、誠実な運営を伝える。
良質なサービスや品質を伝える。
こだわりや余所との違いを伝える。等々がある。
目的に向かっていないブログには、意味が無い。

いや、まあ、検索エンジン的には、
更新すること自体意味はありますけど…
ブログを読むのは人間ですからね。

■個人的な趣味を書き始める
ネタに困ると、書きがちな内容です。
これ自体は否定しませんが、書き手の人柄が出る内容が良いです。
趣味を通じて、親しみや理解を得ようとするなら、
やはり書き手の価値観、共感等が出るのが望ましい。
単なる趣味の解説に終わらないことですね。

■関係のないニュースのみ
ネタが無くてニュースの紹介をする場合は、
独自の考察を入れると良いでしょう。
ケーキ屋さんが為替ニュースを語っても、あまり意味は無い。
しかし、為替の変動により材料費が変わり、
品質や価格がどうなるかについては、お客の興味の範疇でしょう。
それに対して、店舗がどのように取り組んできたかを語れば、
お店の株を上げる記事になるかもしれません。

■宣伝だけ
コンテンツを期待してURLを踏んだら宣伝だった。
あの時のガッカリ感って、なんと言うのでしょうね。
読み手の心情を察しましょう。
ウチのメルマガだって、宣伝めいた記事は投票率が低いです。

(‘-’)

「いいから書け」
「分かりましたよう」
こういう会話で当番を決めているなら、
品質管理には注意された方が良いでしょう。
読む価値の無い記事を垂れ流して、
お店にプラスがあると期待するのは、おかしな話です。
読者が欲しいのはコンテンツです。


$映像の看板・デジタルサイネージ専門店 | マンガード | 広島市・呉市-デジタルサイネージ呉・マンガード

マンガードでは、デジタルサイネージやWEB用のプロモーション映像制作を通じて、
事業者様の販促を支援しています。
詳細は下記よりご覧いただけます。

商品の詳しい説明
お客様の声・制作実績
→ブログやホームページ用の映像
お気軽にお問い合わせください(全国対応)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing