情報の管理について


iphone

スマホつっついて仕事ができているような……錯覚。by William Hook

常に、新しい情報管理の道具が生まれていますが、
大事なのは、情報を管理「しているか・していないか」です。
適切に管理できているなら、
新しい道具に目移りする必要は、基本的に無い。
世界的マーケッターのダン・S・ケネディからして、
重要顧客をぺら紙で管理しているわけでして……。

人の処理できる情報量なんて知れてます。
引き出しに入っている大量の名刺を見返して、
顔と名前が一致する人が、どれだけいるでしょうか。
iPhoneに数千枚の名刺データを取り込んでも、
使わないなら意味が無い。

タブレット端末やPOSが普及しても、
エステやリラクゼーションサロンでは、
紙のカルテを駆逐していない。
紙に書く程度の情報量や検索速度で間に合っているワケです。
もっとも、マーケティング的には電子カルテの方が
メリットは多いですが…。

「情報を管理するか・しないか」
これは、姿勢の問題であって、道具の性能と関係が無い。
お客と良い関係を築いている事業者は、
手帳や簡単なエクセルシートでも、適切に情報を管理している。
道具の性能は、既に必要十分なんです。

次々とリリースされる新しい道具は、
より負担が軽減され、商売の役に立つ。
……という風にPRされるし、一面は事実です。
例えば、WEBを使ったグループウエアは、便利で素晴らしい。
しかし、使い方が下手なら雑音が増えて、意思決定が遅くなる。
仕事のできない社員はグループウエアを使おうとも、
いい加減な報告書を寄越す。
大事なのは、意識の向上や習慣化、教育の実践で、
適切な進捗報告ができるようにすることです。

情報伝達の手段は、メールからSNSに、
電話からLINEやSkypeに変わりつつありますけど、
仕事ができない人は、道具が進化しても変わらない。

アイデアの管理も同じ。
僕はアイデア管理に良いとされるEvernoteを使っていない。
(使った事はあるけど、全然肌に合わなかった)
でも、毎日こんな記事を配信しているし、
それなりの独自性や引き出しの数を自覚している。
何故毎日書けるの?
そりゃあ、頑張って書いてるからですよ。
僕は顧客の顔や名前を覚えることに熱心ではないけど、
日々アイデアを書き留め、
記事を書くことにはマジメに取り組んでいる。

(‘-’)

新しい道具に目移りするのは「楽しみ」です。
僕は新しいガジェットやソフトが大好きですよ。
でも、仕事の本質とは違う。
結果を出すのは行動と習慣です。

(‘o’)


$映像の看板・デジタルサイネージ専門店 | マンガード | 広島市・呉市-デジタルサイネージ呉・マンガード

マンガードでは、デジタルサイネージやWEB用のプロモーション映像制作を通じて、
事業者様の販促を支援しています。
詳細は下記よりご覧いただけます。

商品の詳しい説明
お客様の声・制作実績
→ブログやホームページ用の映像
お気軽にお問い合わせください(全国対応)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing