分かりやすくしよう


国会

権謀術数と人気商売の政治稼業に比べたら、商売はシンプルでやりやすいと思いますヨ。お客様に喜んで頂くことを考えればいいのだから。

衆議院が解散して以来、TVメディア等を眺めると
「論点を分かりやすくしたい」という
視聴者やTV局の思惑が感じられて、興味深いです。
何かを選びたい時に、選択が多くて選べない状態を、
人は苦痛とすら感じる。
これを解消する情報や人は、選ぶ人の味方になれる。
商売も同じですね。分かりやすさについてのメモ。


■論点を整理

政局では、自陣に有利な争点を作ろうと各陣営が躍起で、
論点整理から闘争が始まっています。
政治に比べたらラクなものですよ。

まずは、お客様が知りたい事をピックアップ。
質問が無ければ答えようがありませんからね。
あなたが買う立場なら、こんなことを知りたいと思いませんか?
・どんな成果が見込めるのか
・根拠はあるのか
・いくらかかるのか
・信用できるのか、保障はあるのか
・余所との違いは何か
広告媒体でこれらの情報を取りこぼすのは致命的。
間違いなく反応率は下がります。


■明確に答える

お客は早々に結果を知って、判断したい。
お客様の欲しい結果は、ヘッドラインで答えます。
・食材の仕入れ費用を2割節約できます
・水道料金を10%削減、平均3ヶ月で回収
・DMで月80万円の追加売上
・1時間で出来る節税対策
ヘッドラインでは具体的な成果を語ることです。
数字が入ると具体性がアップします。
捻ったヘッドラインでも上手くいくことはありますけど、
作るのが難しいのであまりお勧めしません。
素直に明確に、結果を伝え、期待させる方がいいですよ。


■余所見しない

「あれもできる、これもできる」は禁止。
広告媒体の持つエネルギーは限られています。
分散するほどに焦点がぼやける、分かりにくくなる。
伝えるべきテーマを決めたなら、一貫して訴えることです。
助平心にはまって力を失う広告は多いです。

(‘-’)

このようなネタを書いていると、
自店舗のWEBサイトを、もう少し整理したくなりますね。
あなたの媒体は如何でしょうか。

(‘o’)


$映像の看板・デジタルサイネージ専門店 | マンガード | 広島市・呉市-デジタルサイネージ呉・マンガード

マンガードでは、デジタルサイネージやWEB用のプロモーション映像制作を通じて、
事業者様の販促を支援しています。
詳細は下記よりご覧いただけます。

商品の詳しい説明
お客様の声・制作実績
→ブログやホームページ用の映像
お気軽にお問い合わせください(全国対応)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing