集中の為の環境


ポメラ DM100

結構強気な価格だが、売れているようだ。個人的にはキーピッチ18~19mm版も企画して欲しいところ。

いち書き手の立場から、集中について。
コンスタントに集中力を発揮したければ、
集中の為の環境選びから始まっています。
どんな場所でも集中しろという精神論は、基本的に無理筋。
本来のパフォーマンスを阻害しています。
(よほど訓練していても、影響は常にある)

ライターや作家はどこで仕事をするか?
自分にとって書きやすい環境で書くわけです。
自宅のリビングかもしれない、書斎やコタツかもしれない。
僕のようにカフェをハシゴするスタイルかもしれない。
何にせよ、本人が一番集中できる環境で仕事する。

プロフェッショナルは仕事の場所を選ばない、
というイメージがありますが、誤解です。
本人にとって集中を邪魔される環境であれば、
誰だってパフォーマンスを発揮しにくい。
パフォーマンスを調整できる人は、環境の調整が上手。
秘密基地を作ろうと、ノマドで仕事しようと同じです。

周囲の雑音が耳に入らず、気が付いたら2、3時間経っていた。
そんな集中状態を「フロー」と言います。
要は、意図的にフローに入れるかどうか。
フローに入りやすい状況を、意図的に作れるかどうか。
個人の持つ最高の生産性は、フロー時に発揮されます。

フローを邪魔する典型が、電話です。
携帯電話を切って仕事をすることはありますか。
事業の行く末を考える。重要な取引を吟味する。
マーケティングを左右するアイデアを練っている……。
そんな大事な仕事が、飛び込みの電話に中断されていいわけが無い。

2008年にキングジムがポメラという機器を出した時は、
強い物欲を感じたものです。(当時は会社員でしたが)
書く以外の機能を削ぎ落した仕様、仕事の取捨選択に魅力を感じたのです。
僕はキーボードが手に馴染まなかったので、結局購入しませんでしたが
メーカーにとっても予想外の支持だったようで、
その後も後継機がリリースされています。
書き仕事の人達の、集中を助けるアイテムなんですね。

(‘-’)

一時的に窓口を閉じる用意はありますか。
フローを持続するためには、必要な措置です。
そんな環境作りのためにある程度投資しても、取り戻せますよ。

(‘o’)


$映像の看板・デジタルサイネージ専門店 | マンガード | 広島市・呉市-デジタルサイネージ呉・マンガード

マンガードでは、デジタルサイネージやWEB用のプロモーション映像制作を通じて、
事業者様の販促を支援しています。
詳細は下記よりご覧いただけます。

商品の詳しい説明
お客様の声・制作実績
→ブログやホームページ用の映像
お気軽にお問い合わせください(全国対応)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing