喜んでお金を払うから


無線キーボード

3台目。キー配列と日本語切り替えにクセがあり、iPadでの使用が想定されていない。幸い、iPad上のATOKアプリ上では日本語入力できるので、何とか使っている。我慢…我慢…。

お金を喜んで払いますから、
手持ちのiPadで、ちゃんと書き物ができるキーボードを、
どこかのメーカー様ご用意頂けませんか。
本日3台目のiPad用キーボードを購入した、僕の偽らざる心境。

僕は初代のiPadを使っていて、
外出先での書き物は、このデバイスに頼っています。
「日本語を書く」という簡単な作業ですら、
色々な制約があって、時々煮え湯を飲んでいますが、
都合と妥協の結果、現在の運用を続けています。

で、この記事を書いている本日、
iPad用に使っていた2台目のキーボードが壊れました。
故障個所は、なんと電池の接触金具。
「何故そこが壊れるのだ?」
想像だにしなかった箇所が壊れて、あっさり使用不能。
改めて金具部分を見ると、電子工作で使いそうな、
チープな部品で出来ている。
目に見えない箇所をケチった仕様と結果。
ちなみにエレコムの中国製キーボードです。

出先で書き物が出来ないのは困るので、
その足で地元の家電量販店に直行。
なんと、用途に合うキーボードが、エレコム製しかない。
ややヤサグレた心境で、前と別の機種を購入。
しかし3台目もやっぱり、僕の理想とはズレた仕様で、
使いにくさに不自由しながら、この記事を書いているわけです。
(今度のキーボードは、ipadのWEBブラウザで日本語が入力できない!)

顧客の偽らざる気持ちなのです。
「お金は喜んで払うから、私のささやかな希望をかなえてくれ」

僕の場合、iPadとセットで運用しやすくて、
理不尽な壊れ方や不具合が無くて、日本語が入力しやすい。
そんな普通のキーボードが欲しいだけ。ささやかなものでしょう?
こんな簡単な願いすら、なかなか叶わない。
これは、市場のいち事例に過ぎない。

僕の願いを、適切な対価でかなえてくれる業者が居るなら、
勿論僕は、その業者を贔屓にするでしょう。
贔屓客の獲得なんて、簡単だと思いませんか。
客の希望を適切な対価で叶えてくれればいい。
分かりました、と言って、ちゃんと結果を出してくれればいい。
喜んで感謝して、お金を払いますよ。

(‘-’)

顧客の期待に応える満足を提供していますか?
それを品質といいます。

(‘o’)




$映像の看板・デジタルサイネージ専門店 | マンガード | 広島市・呉市-デジタルサイネージ呉・マンガード

マンガードでは、デジタルサイネージやWEB用のプロモーション映像制作を通じて、
事業者様の販促を支援しています。
詳細は下記よりご覧いただけます。

商品の詳しい説明
お客様の声・制作実績
→ブログやホームページ用の映像
お気軽にお問い合わせください(全国対応)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing