締め切りでゆとりを作る


カレンダー

要するに、人は力があっても普段は本気を出さない。仕組みの整備である程度改善ができるということ。 by yto

締め切りはゆとりのある仕事のために役立ちます。
切羽詰まった仕事、というイメージは逆。
細かく締め切りがある仕事の方が、
全体を見て滞り無く仕事が進みますし、対処がしやすい。

ビジネスマン個々が持つパフォーマンスは、本来は結構高い。
同じ24時間の中にいて、身体能力は数倍も差が付かない。
頭の回転も、同じステージにいるなら、似たようなものですし。
知識だって、仕事をしていれば備えています。

飲み会やコンサートがある日には、
本気出して仕事を片付けるじゃないですか。
あのパワーを普段から発揮できる人は、セルフコントロールが出来る人。
当然、仕事をバンバンこなしますし、差が付きます。
これは習慣の賜物です。努力無しで手に入るものではない。
しかし、自分を制御する訓練と無縁であっても、
外的な助けでパフォーマンスを発揮する手が、締め切りです。

追われるイメージで締め切りを考えるのは宜しくない。
基本的に、締め切りは前倒しで設定することをオススメします。
言わば、攻めの締め切りですね。
これを立てるように意識していれば、
前倒し効果で、暇な時間が作れるようになります。

仕事をこなした後の暇な時間はボーナスタイム。
「暇つぶし」以外に使えば、メリットがあります。
暇つぶしは本当に暇を潰すだけなので、お勧めしません。
タバコを吸う、コーヒーを飲む、屋上の空気を吸う。
5分あれば昼寝もできます。(1~2分意識を失うだけで、素晴らしい効果がある)
仕事の準備や片付けでもいい。
これら全てが、次の仕事に役立ちます。

(‘-’)

有能でスケジュール管理が出来る人は、暇を作れます。
逆に、集中力に欠けてモタモタと仕事をしている人は、
残業代が付いても付かなくても、時間を浪費している。
余裕が無く、忙しく動き回っている。
……このご時世で、まさか、
残業代目当てで、のんびり仕事をしている人は居ないでしょうね。
そんな人は切られて当然の人種ですし、周囲を腐らせてます。

(‘o’)




$映像の看板・デジタルサイネージ専門店 | マンガード | 広島市・呉市-デジタルサイネージ呉・マンガード

マンガードでは、デジタルサイネージやWEB用のプロモーション映像制作を通じて、
事業者様の販促を支援しています。
詳細は下記よりご覧いただけます。

商品の詳しい説明
お客様の声・制作実績
→ブログやホームページ用の映像
お気軽にお問い合わせください(全国対応)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing