広告を絞り込む


YOU あなた

この記事は、「あなた」に向けて書かれている。

中小企業・自営業にとって、
商品を必要としない人に周知するのは、無駄。
今すぐ買うわけではないし、
いつか買うのを待つ程、余裕は無い。
広告は「誰に打つか」がとても大事。
中小企業や自営業の広告は、
メッセージもターゲットも、絞り込んでナンボです。

広告販促というものは、
一番買ってくれそうな人達に集中するのが、一番売上になる。
[ 広告による売上=広告の配布数×購入率×販売価格 ]
簡単な算数ですね。
さらに言えば、広告の配布数を抑え、購入率を高めるほどに、利益率は上がる。

でも、実際はなかなか踏ん切れない。不安だから。
販売商品を誰が欲しがっているか、誰に向けた商品なのか。
自社の商品にも関わらず、曖昧で確信が無い。
そりゃあ、1点掛けなんて怖くて出来ないでしょうね。
この根拠を積み上げて、一番筋の良い客層に絞り込むために、
ヒアリングやアンケート、広告反応の記録が役立ちます。

まず、自社の商品が、誰に喜ばれるのか、誰の悩みを解決するのか、
あなた自身の見立てを、改めて書き出しては如何でしょうか。
考えるのではなく、書き出すのがポイントです。
実際にアウトプットすると、視野が開けますから。
そして、書き出した内容が正しいかどうか、実際に調べてみる。
自分の視野なんて知れてますから。
アンケートやヒアリング、試供品やモニターテストが役立つでしょう。
特に、打つ広告の反応はキッチリ記録することをオススメします。

面倒な作業ですよ。
しかし、販促費用を集中投下できる根拠を得れば、
「広告を売った分だけ儲かる」状況になる。
マーケッターの誰もが「販促費用<儲け」を目指して、
日々試行錯誤しているわけです。

(‘-’)

絞り込みを怖がってはいけません。
やった分だけ得をします。やりましょう。
調べるのを面倒臭がり、絞り込むのが怖くて作るのが、
メッセージもターゲットも曖昧な広告です。これは失敗します。
「沢山網を張れば、誰かが掛かるだろう」
なんてスケベ心は、広告の力を失わせてしまう。
人は、自分に関係の無いメッセージに、興味を持ちませんから。

(‘o’)


$映像の看板・デジタルサイネージ専門店 | マンガード | 広島市・呉市-デジタルサイネージ呉・マンガード

マンガードでは、デジタルサイネージやWEB用のプロモーション映像制作を通じて、
事業者様の販促を支援しています。
詳細は下記よりご覧いただけます。

商品の詳しい説明
お客様の声・制作実績
→ブログやホームページ用の映像
お気軽にお問い合わせください(全国対応)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing