書くネタが出てこない時にやること


ネタが出ない…

緊急回避の手管も含めて、やり方を知らなきゃ長続きしませんよ。要はコツです。コツ。by David Blackwell.


昨日の記事には、参照情報を3つ仕込みました。
 ・ナポレオンヒル
 ・YouTubeを就活に使った学生
 ・(ある意味)伝説の学生ウガニク
詳細を全て覚えていたワケじゃありません。
そもそも僕の記憶力は、上司に呆れられる程頼りない。
「ああ、そういえば、あんな話が……」
とぼんやり思い出して、都度調べています。
特に「思考は現実化する」から抜粋する作業は面倒でした^^;

「YouTubeを就活に使った学生」はGoogleのお陰です。
僕自身、エピソードの内容がうろ覚えだったので、
連想するキーワードを何度も組み合わせて、検索。
Google先生は偉いですね、ちゃんと探してくれましたよ。
「ウガニク」のエピソードは調べるまでも無かったです。
当時読んでて、ゲラゲラ笑ってましたから。

今時は、博覧強記があまり必要ありません。
記憶を外部に委託するのは、秘書を持つ人の特権でしたが、
現在は検索技術が発達しています。
なので、適切に調べる技量は、知識を持つことと等しい。
未来人は今より脳の容量が小さくなる、と予想する学者もいます。
http://news.livedoor.com/article/detail/7038961/



印刷屋で営業をやっていた頃は
「企画に詰まったら図書館に行け」なんて仕込まれたものです。
知識に触れれば、何らかの発想が出て来る。
ここで大事なのは、目的に即した知識に触れること。
関係の無い知識に触れていても、なかなかネタは湧いてこない。
普段から知識の棚を増やす、という意味では、
様々な知識や経験は大切ですけどね。

今すぐ、ビジネスに関する記事を書くのなら、
ビジネスに関する知識に触れる。
この点を外すと時間の無駄になりやすい。
映画を見たところで、ビジネスのネタはなかなか出て来ません。
逆に、適切な本をめくっていれば、
数ページに1つはネタが転がっています。
僕は取っていませんが、経済系の新聞も役立つでしょう。
不思議な事に、過去に読んだ本からもネタは湧いてきます。
あとは、出てきたネタを忘れずにメモするだけ。

スキームをちゃんと実行していれば、
書くことに困ることは、なかなかありません。
ネタ探しが面倒なら、手持ちのスキルを開示します。
今日の記事は、僕のスキルの開示ですよね。
書くためにあまり時間を割こうと思わなければ、
このような書き方もあります。

(‘-’)

ブログの書き方について、無料レポートを書いています。
http://www.digitalsignage-kure.jp/designdog/entry-11196406397.html

(‘o’)


$映像の看板・デジタルサイネージ専門店 | マンガード | 広島市・呉市-デジタルサイネージ呉・マンガード

マンガードでは、デジタルサイネージやWEB用のプロモーション映像制作を通じて、
事業者様の販促を支援しています。
詳細は下記よりご覧いただけます。

商品の詳しい説明
お客様の声・制作実績
→ブログやホームページ用の映像
お気軽にお問い合わせください(全国対応)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing