コンテンツを括り直す


メルマガいろいろ

これだけの量を発信していると、再編集するだけで結構独立したコンテンツが作れる。努力に応じたメリットとも言える。

このブログを読んでいる方の中には、
定期的な情報発信をしている方もいらっしゃると思います。
ブログ、メルマガ、SNS…。
品質や独自性にこだわった発信をしているなら、何よりです。
それらの発信を再編集することで、
新しいコンテンツとして再生することができます。
新しく作らずに、再編集する、という考え方。
ある作家さんは、この方法を「タグ付け」と呼んでいました。
また、ビジネス書専門の著作者にとっては、
コンテンツを作る通常の手法でもあります。

あなたが日々書いているブログの記事を、
テーマ事に分類してPDFファイルにまとめる。
書いている記事を、映像や音声で撮り直す。
これらの作業はクリエイティブな生みの苦しみは無く、
淡々とした作業で進みます。
つまり、人に任せても出来る仕事、ということです。

頭に負担の無い作業でありながら、
出来たコンテンツは、独立した価値を持ちます。
ひょっとしたら、販売すら可能かもしれない。
収入、アクセス増、読者増、SEO対策等の効果を考えると、
なかなかどうして、割の良い仕事です。

僕がやろうと思いつつ、まだ手を付けていない作業に、
「メルマガ記事の編集版を作る」というのがあります。
メルマガ記事は今号で789号ですが、中には
「現場でのチラシの作り方」
「ブログ記事の書く上での注意事項」
「記事ネタの拾い方」「WEB販促のやり方」
「自己啓発」「現場の仕事術」等々、
それぞれのテーマで、それなりの情報量があるわけです。

これらを編集するだけで、いくつもの小冊子が作れます。
それぞれ、独立してコンテンツとしての価値を持ちます。
また、「女性読者が選んだコラム20選」のように
第三者の視点で、記事を編集するのも面白い。

これらのテクニックを支えるのは、
当然ながら普段の情報発信です。
意図も意味も無い発信を繰り返しても、
タグ付けには値しません。

大事なのは意図です。
何も考えずに「今日の晩御飯」を発信しても、
コンテンツとしての価値は無い。ゼロは掛けてもゼロなんです。
しかし、外食先のラーメン屋の感想を詳細に発信して、
後日それをまとめたならば、「ラーメン通のエッセイ」になります。

例えば、あなたが経営者で大いに儲けているとして……
「セレブの夕食」をテーマに詳細な感想を発信、編集したら、
コンテンツとして面白いと思いませんか。
とはいえ、そのコンテンツが、あなたの仕事に貢献するかは
吟味した方が良いですけどね。

(‘-’)

基本は、自分の属性に合った発信を、丁寧に続けることです。
コンテンツが貯まれば、タグ付けの恩恵も出てきます。

(‘o’)


$映像の看板・デジタルサイネージ専門店 | マンガード | 広島市・呉市-デジタルサイネージ呉・マンガード

マンガードでは、デジタルサイネージやWEB用のプロモーション映像制作を通じて、
事業者様の販促を支援しています。
詳細は下記よりご覧いただけます。

商品の詳しい説明
お客様の声・制作実績
→ブログやホームページ用の映像
お気軽にお問い合わせください(全国対応)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing