YouTubeのアノテーション機能で、縦型動画の表示を補完する


YouTubeのアノテーションは動画アップ後に任意に編集できるのが強み。但し、現在の仕様ではモバイル端末では表示されない。

YouTubeのアノテーションは動画アップ後に任意に編集できるのが強み。但し、現在の仕様ではモバイル端末では表示されない。

Youtubeには、アップした動画に文字等を上書きする「アノテーション」という機能があります。
普通に横組みの映像を作れば、こんな機能は下部の字幕用途くらいなのですが、
液晶看板用に縦型の映像を作ってYoutubeにアップすると、左右に結構なスペースが空いてしまいます。
アノテーション機能で空白に情報を入れることで、
PRコンテンツとしての機能を、若干補完することができます。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing