【無料レポート】お金持ちになるための科学 ウォレス・D・ワトル著(1910年刊)


金持ちになるための科学

【無料レポートの紹介】
「お金持ちになるための科学」
ウォレス・D・ワトル著(1910年刊)

ダウンロード http://123direct.info/tracking/af/322274/aXsz22RZ/

この自己啓発書は、古典です。
刊行されたのが1910年、百年前の書籍です。
お金持ちになる方法を自己啓発の側面から、
かなり直球で書いています。
神秘主義・教義的と受け止められる内容でもありますから、
現代のビジネスマン(特に日本人)が読むには、
やや抵抗があるかもしれません。

しかしながら、本書は100年も前に
「お金持ちになるための科学」と名付けられたものです。
一見オカルトチックに見えるかもしれませんが、
経験則や検証に基づいた、自信の程が伺えます。

本書で示されている原理は、
現代の自己啓発コンテンツに影響を与えています。

お金に関する自己啓発については、
ジェームズ・スキナー著「お金の科学」が珠玉の一冊ですが、
内容を読むと、ウォレス・D・ワトルの血筋が、
色濃く残っているのが分かります。
(だからこそ「お金の科学」の料理の上手さが際立つ)

つまり、ウォレスの成功哲学は、現代でも生きている。
人間の心の仕組みってのは、
100年やそこらでは変わりませんから、
よく考えれれば、当然の事ですね。

金持ちになるための科学

PDF形式で書籍1冊分。タブレット端末に適しています。画像クリックでダウンロードページが開きます。



100年前と現代では価値観が違いますから、
ストレートなウォレスの言葉は、
時として受け入れ難いかもしれません。
たとえばウォレスは「貧しい人の事は考えるな」と直言する。

これは、貧しさにフォーカスすることで、
自分の潜在意識に悪影響があることを説いたもので、
本質は間違っていません。
しかし、ややキツい表現ですから、
現代では、もっと言葉柔らかく表現されます。
そうですね、今の言い方なら………。

──人は、人間関係からの影響を避けられません。
特に、潜在意識への影響に対して、人は驚く程無防備です。
あなたは、本書を通じて経済的成功を目指しています。
ですから、経済的に困窮している友人から、
価値観や潜在意識に影響を受けるのは、望ましくありません。
また、貧しさに関する情報にいたずらに関心を持たず、
情報への接触をコントロールすることで、
潜在意識への悪影響を防ぐことができます。

………こんな具合でしょうか。

本書の内容は、ほとんどこんな調子です。
表現は一見、受け入れ難いかもしれませんが、
その原理は現代にも有効なものです。

経済的成功に興味のある方は、一冊まるごと無料でもありますし、
本書をダウンロードしても損はしません。
より真剣に学びたいのでしたら、
ジェームズ・スキナーの「お金の科学」をお勧めします。
創造マインドによる価値創造、奪い合いから脱却した富の考え方等、
本書で語られている内容は、全てフォローされていますし、
現代の価値観に合わせて、より多くの情報が示されています。

本書は、A4サイズのPDFで92ページあります。
普通に書籍一冊分のボリュームですので、
タブレット端末に仕込んで
待ち時間等に読み進めると、良い学びになるでしょう。

ダウンロード http://123direct.info/tracking/af/322274/aXsz22RZ/


マンガード 森内太平

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing