アメブロ削除について真面目な話


アメブロの真面目な話。

9/5にウチのブログが削除されましたが、
どうやら規約改定に伴い、削除旋風がスゴイ事になっている模様です。
今回運営の本気度を感じますので、
現在アメーバで商業ブログを運営している方は、
AmebaKing等の専用ソフトでの記事バックアップをお勧めしておきます。

ちなみにウチは、Ameback(アメバック)というソフトを使っていました。
バックアップ用途のみのソフトですが、これを運用していたお陰で、
アメブロを削除されても、コンテンツを自店舗のブログに移行できました。
月額課金のAmebakingよりは安上がりです。


何故、ここまで徹底して商業ブログを削除しているのか……?
想像に過ぎませんが、公式ブログの販売が落ち込んだのではないかな。

アメーバは「公式ブログ」という商品を販売しています。
有名人等、ヘッダ画像にアメーバのロゴが入っているブログがあるでしょう。
アレが公式ブログです。
事業に活用することをアメーバから許諾されているブログです。
料金は、24週間(半年)の掲載で200万円。

正式な商業利用のほか、機能やアクセス等で公式ブログは優遇されていますが、
一般ブログの商業化がエスカレートして、
内容的に差別化が難しくなってきたのではないか……と想像。
cssを駆使したり、サービス利用して、
アメブロをガンガンホームページ化できますからね。

実際、そうやって商売に活用する人が多くなって、
一般ブログの枠内で大儲けする人も沢山出てきた。
大銭払って公式やってる企業からすれば、面白くないでしょう。


削除は、運営がブラックボックスでやってる仕事ですから
何処が削除のボーダーラインかは不明です。が。

・アフィリエイト
・商品販売
・メルマガ登録

あたりは、ブロガーのダイレクトな利益につながりますから、
注意した方が良いでしょうね。
ちなみにウチのブログは、
商品販売のセールスレターページを公開したその日に削除されました。
このページです→http://www.digitalsignage-kure.jp/webmovie.html


とはいえ、存続している商業ブログも多いですから、
どこかにボーダーがあるのでしょう。
あまりチキンレース敵な挑戦はせずに、
粛々とバックアップを取る、第二の媒体を育てておく等、
普段から備えていれば宜しいのでは、とお勧めしておきます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing