事業の運転


お金

マネーアレルギーの人が独立起業だって?お笑い種だ。photo by stevendepolo


いわゆる「事業運転」という感覚は、
サラリーマンの間にはなかなか得られないものです。
こればっかりは、当事者にならないと。



部屋で息をしているだけでお金が飛んでいく。
仕入れる金が無い。
支払日は安定して来訪する。
支払日直前のリボ払い変更で急場を凌ぐ。
財布の中に現金が無い。
よく考えたら帰りの交通費も無い。

注文は思うように入らない。
仕事は予定通りに進捗しない。
請求額は予定通りに振り込まれない。
おお、漫画家の鶴田謙二氏が、
単行本の脚注に記したあの言葉。
「無い袖は振れない」

喉から手が出る程現金が欲しい。
しかし、顔に出せば舐められる。
背中に汗をかきながら「いいですよ」。
目前の売上げと嫌な客との絶縁を天秤に掛ける。
折れるか?我を通すか?この場面はどちらが正解だ?

10年来のコレクションを換金する。
意図せずアルバイトの貼り紙に視点が行く。
会話や文章から内情を探られる。
情報を出す、隠す。読まれる、あるいはこちらが読む。
ミスリードを仕込む。

金にならない仕事。
相手方の信義に、感謝と畏敬の念で心が満たされる。
相手の小賢しさに辟易とする。
人の態度が豹変する瞬間を見る。
自分のココロが急速に冷める瞬間を知る。

身内に迷惑を掛ける。
近所や親類の視線が怖い。
誕生日ごとのプレッシャー。
ポジティブに、日々奮起する。
あるいは、死んだような一日を過ごす。

運転、今日も運転。



起業家にとって、仕事が無い、稼げないのは、罪悪です。
自己否定です。
自己啓発で自分を大きくするのは構いませんが、
ともあれ仕事を回して、稼がなきゃなりません。
まずは、生存しなきゃならんのです。

先に挙げた散文なんて、自営業者の心境の極々一部でしかありません。
ウチは金融機関への借入をしないスタイルで回るので、
(この方法は別に推奨しない、事業の成長は鈍い)
まだまだ呑気に構えている方です。
社員を抱える経営者なんて、こんなものじゃない。
毎月アホみたいな金額の人件費が、支払日にごっそり落ちる。

世の経営者が口に出さない気持ちを代弁しましょう。
「お前ら稼げてないから、今月給料無しな!」

事業をやるなら、準備が必要です。
準備しても失敗が常です。
然るべき準備をやらずに始めるとか、頭おかしいです。

働いて稼ぐだけなら、サラリーマンの方が都合が良い。
だってそうでしょう?目の前にある仕事を上手にこなせばいい。
起業は違います。根本的に違う。

とりあえず、何を売って儲けるのか考えてください。
あなたは、誰に、何を、どうやって売りますか?

あと、「お金」「マネー」という単語への、
アレルギーを治すことです。自分を洗脳してでもね。
この病巣を抱えたまま起業するのは、自殺行為です。
お金を取りたがらない経営者は、実在します。

(‘-’)

この現実を踏まえてなお、理想や信念に基づいて行動する。
起業家に輝きが生まれるのは、その時でしょう。
そのために、知識と、実力と、心が要ります。

追記
何を成したいのかも決めておきましょう。いわゆる、企業理念。

(‘o’)


$映像の看板・デジタルサイネージ専門店 | マンガード | 広島市・呉市-デジタルサイネージ呉・マンガード

マンガードでは、デジタルサイネージやWEB用のプロモーション映像制作を通じて、
事業者様の販促を支援しています。
詳細は下記よりご覧いただけます。

商品の詳しい説明
お客様の声・制作実績
→ブログやホームページ用の映像
お気軽にお問い合わせください(全国対応)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing