メディアリテラシーでは足りない


嫌なら見るな

そうは問屋が卸さない。特に経営者にとって、責任や品質を伴わない発信は、明確な危険である。


自分で商品を売る人にとっては、
メディアリテラシー(読む能力)だけでは足りません。
情報発信の品質管理、危機管理能力が必要です。


■危機管理

失言しない、安易な批判をしない。
誤解される言い方をしない。
問題提起にはリスクを考慮する。
営業マンなら、普通に身に付けているスキルです。

これを、我々発信者は意識する必要がある。
未熟な発信力でも、手元のスマホやパソコンから、
広範囲に情報を発信できるからです。
発信した失言はネット上に残ります。
「なかったこと」にはできませんよ。

経営者が社内で発言しているようなノリで、
Facebookやツイッターに書き込んでしまうと、
思わぬトコロで冷や汗を書くかもしれません。

そのブログに書いた何気ない愚痴・批判・失言。
顧客、取引先、商工会、ライオンズ等諸々の諸先輩方に、
チェックされていると想定してください。
または、あなたの仕事に不満を持つ誰かが、
スクリーンショットやWEB魚拓で
失言を記録している可能性があります。


■品質管理

WEB上では、自分の素を晒す人と、
キャラクターを作る人に分かれる傾向があります。
前者のスタイルはお勧めできません。
「ありのままの私」を晒すことに何の意味があるのでしょうか?
特に経営者・起業家は公人の領域に片足を突っ込んでいます。
「私人である」なんて自分で言っても、通用しない時はしない。

スーツやタキシードを着る公式の場では、
多くの人が、よそ行きのキャラクターを持ちます。
キャラクターとまでいかなくても、少なくとも、
普段のだらしなさを、さらけ出さないように頑張るでしょう。
公の場でプライベートのノリの人は、失言等で叩かれる可能性が高い。

例えば僕は、ご覧のようなキャラクターで記事を書いてますけど、
主に見栄えの良い部分を出しているに過ぎません。
このメルマガで、僕の私生活のだらしなさを書いたトコロで、
だれも得しません。
僕がこのメルマガで、晩御飯の献立を書き始めたら?
あなたはきっと、メルマガを解除するでしょう。

(‘-’)

もはや発信からは逃れられません。腹を据えましょう。
特に、新規起業するのに、
ホームページもブログもSNSも無いというのは、
余程の戦略を見据えているか、単なるアホかのどちらかです。
新規でHPもブログも作らずに、店を潰す経営者は実在します。
「顔出ししない企業もあるじゃないか」ですって?
やー、既に地域に根付いている企業や、
別の戦略を持っている企業の表面を真似しない方がいいですよ。
考えた末に「WEB上で存在しない」のは一つの選択です。
ならば、相応にやるべきことが、他にあるハズです。

(‘o’)


$映像の看板・デジタルサイネージ専門店 | マンガード | 広島市・呉市-デジタルサイネージ呉・マンガード

マンガードでは、デジタルサイネージやWEB用のプロモーション映像制作を通じて、
事業者様の販促を支援しています。
詳細は下記よりご覧いただけます。

商品の詳しい説明
制作実績
お客様の声
→ブログやホームページ用の映像
お気軽にお問い合わせください(全国対応)


Moriuchi Taihei | バナーを作成

森内はFacebookを使っています。友達になりましょう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing