ノマドワーキングについて


スタイルや横文字に踊ってる人が多いが勘違いしてる。真剣な奴はなりふり構わず仕事してる。その結果がノマドスタイルなだけ。photo by Atsushi Tadokoro


パソコン一台で、カフェでお仕事☆
なーんていう、ノマドワーキングの業態が、(ノマド=遊牧民)
ビジネス誌だのニュースサイトだので取り上げられます。
僕も似たようなスタイルなので、ノマドと起業について思うこと。

結論を言うと、ノマドワーキングは起業に向いています。
固定費が抑えられるからです。
「起業1年目は失敗する」くらいの前提で仕掛かるなら、
資金を調達していきなり事務所オープンとか、
ちょっと度胸がありすぎますね。

起業1年目から右肩上がりってのは、基本的に幻想です。
なぜなら、本人にスキル、経験、信用、人脈が足りないから。
こればかりは、近道のしようが無いです。
のれん分けのように、
既に習得しているスキームや人脈で立ち上げるなら別ですけどね。

1年目で新規企業の半分が潰れる話は有名です。
この半分に入らない方法があります。
極力固定費を抑えることです。生存戦略。
特に、新しい仕事を始めるなら、徹底します。
どうせ失敗(学習)が高く付きますから。

一番安上がりなのは自宅起業です。
実家で立ち上げれば尚よろしい。
プライバシー?スタイル?束縛?親からの嫌味?
本気でやるなら固定費よりマシです。
ある程度セキュリティが確保できる
六畳のスペースがあれば、起業できます。
(プライベートスペースは寝床の上だけ、という感覚で)
ノマドワーキングは、自宅起業のことです。
作業場として、スタバやタリーズを使っているだけです。
コーヒー代は都度払いの家賃です。

次点でレンタルオフィスがありますが。
固定費には変わりありません、ご利用は計画的に。
自治体提供のインキュベーションセンターは
非常に安上がりなので、こちらはお勧めできます。
人脈や対外的な体裁も整いやすいです。

箱モノ。お客様を迎える店舗型の商売。
このスタイルの理由を考えてみてください。
わざわざ、お客様に来訪して頂くワケです。

何故?
ひとつは、生産工場として店舗が必要な業態があります。
もう一つは、販売所として。
「お客様が多すぎて、対応しきれないから」
行商に出かけるのが面倒なのです。
だから自分は構えて、お客様の来店を迎えます。
その方が効率が良い、つまり、利益の最大化なのです。
「お客様が多い」という前提条件、
駆け出しのあなたにクリアできますか?

ノマドは「根無し草」でもあります。
対外的な信用に不安がある。
これは、工夫で対処する方法があります。
一つは、移動店舗という考え方。
軽バンにでっかいステッカーを貼って、
作業着や仕事道具を揃えれば、
清掃業やパン屋の移動店舗になります。

例えば、30万円掛けて、小綺麗なホームページを作る。
(勿論、小綺麗なだけでは話になりませんが)
個人の写真撮影や映像製作で、可能な限り信用構築に尽力する。
さらに、SEO等で相当の広告費を掛けたとしても、
実店舗の10分の1以下の費用で済むでしょう。
それで、固定費も家賃と比較にならないほど、安い。

(‘-’)

シビアな話ですが、「分相応」という事です。
まずは実力を鍛えて、ビジネススキームを確立する。
キャッシュフローを回すのが先決です。
ノマドはその選択肢の一つ、というわけです。

(‘o’)


$映像の看板・デジタルサイネージ専門店 | マンガード | 広島市・呉市-デジタルサイネージ呉・マンガード

マンガードでは、デジタルサイネージやWEB用のプロモーション映像制作を通じて、
事業者様の販促を支援しています。
詳細は下記よりご覧いただけます。

商品の詳しい説明
制作実績
お客様の声
→ブログやホームページ用の映像
お気軽にお問い合わせください(全国対応)


Moriuchi Taihei | バナーを作成

森内はFacebookを使っています。友達になりましょう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing