自分を商品化できますか


ビジネスマン

つまり稼業である。商売には客が要る。あなたは誰に何を売る?


独立企業している人で、特に自営業系の方なら
当たり前に備えている感覚ですが、
会社員はこれが希薄な場合があります。
「自分を商品」として考えたことがありますか。

野球選手は自分の体が商品です。
プロスポーツ選手も、格闘家も、
自分の体や知識経験が商品です。
プロ野球なら、戦略に優れた経験を持つ人なら、
身体能力が商品として売れなくなった後も、
コーチや監督として自分を商品化できます。

口に出して「俺は商品だ」なんて言うわけじゃないですよ。
そんなこと口に出したら、頭がおかしい人と思われるかもしれない。
でも、商品なんです。会社員なら会社員稼業です。
組織に属していても、人間として突き詰めると、ひとりの自営業です。
会社がつぶれたり、何かの事情でクビになったら、
会社員稼業を続ける限りは、自分を別の会社に売り出す必要があります。

買い物という視点で考えれば、雇用って高い買いものなんですよ。
描写が身も蓋もない感じになるので、割愛しますけど。

自分=商品の意識を持つのは、本人の勝手です。
好きにすればいいじゃない、と僕は思います。
無くても罰するような話じゃないですし。
意識を持たず、伸びなかった人が将来困窮したとしても、
それを助ける義理は、僕にはありませんし。

ご自分の世代を見回してみて欲しいのです。
特に30代以降は、どうしようもない実力差が生まれています。
いや、見回しても見えないかも。既に住む世界が分かれているから。

老齢になっても年金だけでは暮らせません。
財源はありません。無い袖は振れない。
魔法の財布なんて無い、借金をそう誤解しているだけ。
今政策を動かしている世代は、逃げ切りが確定しています。
経済、安全保障、原発etc…
ゆとり教育の後始末。だれか責任を取りましたか?
一人残らず逃げ切って、知らんぷりができます。
30歳のあなたが、60代を迎えるのは30年後です。
だれも責任取りませんよ、30年後のことなんて。

(‘-’)

この先の社会は、自分で稼がなきゃならないです。
企業に勤めていても、リストラでクビになるかもしれない。
(この可能性を直視できない人は、好きにすればいいと思う)
会社がつぶれようが、活動していた市場が壊れようが、
怪我をして、思うように動けなくなろうが。
手持ちのカードを駆使して、価値を創造して、お客様に提供する。
喜んだお客様から対価を頂戴する。
このプロセスを実行できる自分になった方がいいです。
そして、このプロセスは、会社員であっても学び、実行できます。

(‘o’)


$映像の看板・デジタルサイネージ専門店 | マンガード | 広島市・呉市-デジタルサイネージ呉・マンガード

マンガードでは、デジタルサイネージやWEB用のプロモーション映像制作を通じて、
事業者様の販促を支援しています。
詳細は下記よりご覧いただけます。

商品の詳しい説明
制作実績
お客様の声
→ブログやホームページ用の映像
お気軽にお問い合わせください(全国対応)


Moriuchi Taihei | バナーを作成

森内はFacebookを使っています。友達になりましょう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing