できることが増えると?


冷蔵庫

冷蔵庫はやがて満ちる。photo by Toshi K


僕の今現在の、ちょっとした悩み。
できることが増えたがゆえの、効率の低下を実感しています。

4月に映像制作のソフトを買い換えました。
映像を作り始めたのが、2010年の末からですから、
およそ1年半ぶりのバージョンアップです。
当時のソフトとは、随分仕様が拡張され、パワーアップしています。
できることが格段に広がり、表現の幅が広がりました。

そして、……制作に時間が掛かるようになった!

目下、僕を悩ませているのは、
「できる」がゆえに起きる効率の低下なのです。
新しいソフトで表現の幅が広がり、
自分の思う映像を、より実現しやすくなった。
もちろん、お客様にも喜んでいただける。

しかし、今より限られていた機能を駆使していたころよりも、
明らかに制作に時間が掛かっています。
映像がリッチになる分、映像の出力にも時間を喰うようになりました。
今はまだまだ、許容内の速度で仕事を上げていますが、
この傾向がエスカレートしてしまうと、
当初の価格設定に不具合が起きるかもしれない。

マンガードの映像が低価格なのは「仕事の速さゆえ」なのです。
別に他所と競争するために、無理矢理下げているわけじゃありません。
他所が1週間掛かる仕事を、実働2日で完了させるから、
値段を下げても収益になるわけです。(仕入れも殆どありませんし)
この仕事の柱を、機能の豊富な道具と作り手としての欲求が
傷つけてしまうのは、いただけない。

例え一人暮らしでも、大きな冷蔵庫を買えば、中は食材で一杯になる。
器は満ちる。人はスキマを埋めることを好む。
手にある機能を、フルパワーで使いたいと思う。
厄介なことに、それをやるのが、人は気持ちいいのです。
スポーツカーを買えば、思い切りアクセルを踏むのが気持ちいい。

この欲求をどのように管理して、仕事に活かすべきか?
リッチな映像を追求するが故に、ソフトやマシンに負荷が掛かり、
映像編集中に頻発するフリーズに頭を抱えながら、僕は考えるのです。
嗚呼、この遅々として進まぬ非効率は、俺の選択したポジションなのだ、と。

策は2つあります。
自分の欲求を制御して、身の丈にあったスタイルで運営すること。
または、パワーアップに相応しい環境を構築して、広がるに任せること。
僕のケースでいえば、昨年12月に新調したPCを、
僅か6ヶ月で更に増強するべきか、という選択です。
おお、なんという修羅の道。

(‘-’)

この課題に僕は結論を見出しておらず、
当分はバランスを見ながらやっていくと思います。
できるが故のジレンマ。
選択肢の拡張と比例する負担。
自分の欲求と付き合うのは、大変ですね。

(‘o’)


$映像の看板・デジタルサイネージ専門店 | マンガード | 広島市・呉市-デジタルサイネージ呉・マンガード

マンガードでは、デジタルサイネージやWEB用のプロモーション映像制作を通じて、
事業者様の販促を支援しています。
詳細は下記よりご覧いただけます。

商品の詳しい説明
制作実績
お客様の声
→ブログやホームページ用の映像
お気軽にお問い合わせください(全国対応)


Moriuchi Taihei | バナーを作成

森内はFacebookを使っています。友達になりましょう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing