自分のクセを活用する


イチロー

ルーチンは、本人が価値を理解して活用できればいい。自分のルーチンを自覚せず、活用していない人も多いのだ。
photo by k14


自分の「型・クセ・習慣」を肯定して、積極的に活用してみましょう。
他人の理解を求める必要はありません。
どうせあなた自身にしか、その価値は分からないのですから。

端から見たら意味不明の行動が、
本人にとっては大事で、実際生産性に関係していることがあります。
アスリートが競技前にお気に入りの曲でテンションを上げるとか、
イチローがバットを刀のように構えるとか。
これらのアクションをルーチンといいます。
型とか、決まりきった作業とか、そういう意味です。
これに言及したビジネス書もあるようですね。

仮面ライダーの変身ポーズとか、必殺技を出すときのポーズとか。
つまるところ「何となく・思いこみ・プラシーボ」の世界です。
これらの価値は、本人が分かっていて、実際に運用効果があればいいわけです。
なんとなくポーズを決めると、なんとなくパンチが強そうだ!そして強い。

人間は思いこみで、現実的な力が出ることが、
経験則や心理学で分かっています。
これらの効果は全くバカにならなくて、
ご自分に特定のルーチンがあるのなら、
これを積極的に保護して、活用することをお勧めしたいです。
特に、考える仕事の人にとっては、大きな意味があります。

例えば僕は、十数年企画やデザインの仕事と付き合いがあります。
込み入った仕事に取り掛かる時は、
大抵、チョコレートやコーラをコンビニで買って、
飲み食いしながら仕掛かります。
何度も何度も何度も、込み入った仕事はこのルーチンで
切り抜けてきました。

これは「糖分で頭の回転を上げるのだ」という、他愛ない思いこみです。
実際、そこまで糖分を取る必要は無いですし、
効率や健康を考えれば、水を飲みながらブドウ糖をかじる方が
余程理にかなっています。
でも、僕にとっては明らかに体に良くない赤コーラやブロックチョコが、
込み入った仕事を切り抜ける頼れる手段なんです。

端から見たら馬鹿馬鹿しい話で、非生産的です。
でも僕は、このルーチンを今でも意図的に使います。
たとえダイエット中でも、このルーチンは優先されます。

使う道具がルーチン化する例は多く見かけます。
「モレスキン」のノートは、その典型でしょう。
http://www.amazon.co.jp/mn/search/?_encoding=UTF8&keywords=%E3%83%A2%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%B3&tag=mangakigyou-22&linkCode=ur2&camp=247&creative=7399&rh=i%3Aaps%2Ck%3A%E3%83%A2%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%B3&page=1

市場価格の10倍以上する、白紙のノート。
これをアイデアの頼みにする人は多いですが、
はっきり言ってプラシーボです。
でも、手触りやブランド感、外見のパワーが、
使用者のクリエイティブを刺激するわけです。
「ヤバイ、ノートがきれた!モレスキンじゃないと…駄目なんだ!」
(森内はモレスキンユーザーではありません)

(‘-’)

ルーチンを持っていないビジネスマンは、おそらく存在しません。
自分のパフォーマンスを上げる型や儀式を、誰もが持っています。
これを保護して、改善して、積極的に活用することで、
自分のパフォーマンスを引き上げることができる………と思う次第です。
ご自分のクセや習慣を観察してみてください、
面白い発見があるかもしれません。

(‘o’)


$映像の看板・デジタルサイネージ専門店 | マンガード | 広島市・呉市-デジタルサイネージ呉・マンガード

マンガードでは、デジタルサイネージやWEB用のプロモーション映像制作を通じて、
事業者様の販促を支援しています。
詳細は下記よりご覧いただけます。

商品の詳しい説明
制作実績
お客様の声
→ブログやホームページ用の映像
お気軽にお問い合わせください(全国対応)


Moriuchi Taihei | バナーを作成

森内はFacebookを使っています。友達になりましょう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing