上手く使える道具を使う


工具

人の歴史は道具の歴史でもある。手の延長から始まって、ついには地球を覆うネットワークまだ作った。すげー。photo by zzpza


新しい道具や情報への関心は大事なことですけど、
あまり目移りすると良い仕事にならないかも。という話。

基本的に手に馴染む道具の方が生産性が高いです。
道具って、物理的なモノだけじゃないです。
戦略戦術を考える思考方法(フレームワーク)も道具です。

生活にしろ、ビジネスにしろ、
毎度いろんな理論が出てきます。
僕は、新しい考え方や思考法を否定する気は全然ないのです。
僕も好奇心があります。
しかし、習熟コストを考えてしまうんですね。
保守的で職人気質な考え方ではありますが、
「上手く使えない道具では良い仕事ができない」

例えば想像するのは、自己啓発マニア。
自己啓発は、人生に関わるような自己教育ですけど、
これをハシゴすると、どうなるか?
「いいとこ取り」狙いで混沌とするのがオチじゃないかな。

低レベルな「ノウハウコレクター」なんてのもいます。
ジェームズ・スキナーみたく、
相応の対価を払って核心をモデリングするならいいですけど、
その辺に転がってる無料情報や出版物をつまみ食いして、
知識やスキルの幅を広げたと勘違いするなら、
ちょいと痛々しいかもしれません。

知識を得るコストより、モノにするコストの方が、遙かに高くつきます。

道具の習熟って生半可じゃないですよ。
特に、抜きんでた仕事を目指すなら、これから避けられない。
バットやボールの仕様が変わることで、
野球選手の成績が乱れるようなものです。
仕様の変わった道具に馴染むには、
また相応の時間を掛けて体を慣らして行くしかない。
この作業に近道なんてないです。

戦略戦術の考え方(フレームワーク)も同じです。
たとえばドラッカーのマネジメント理論。
このメルマガを読む人なら、大抵ご存じでしょう。
使いこなせてますか?

「集中と選択」はビジネスで重要と説かれます。
ランチェスター理論の基礎でもあります。殆ど常識。
じゃあ、できてますか?集中と選択が。

自分が上手くできる仕事をやることは、
強みを発揮したり、組織の生産性を上げる。と言われます。
ならば、自分の適性に合った仕事ができていますか?

長期に渡る成功者の手管は、存外に古くて奇をてらっていません。
よく知られている手法、常識的な手法を、
ことさら上手く、あるいは徹底して実践しています。

(‘-’)

習うより慣れろ、とはよく言ったものです。
時代に適応する為のアップデートは必要ですが、
長く使える道具は案外と身近にありますし、
あなたは既に持っているかもしれません。あとは練習ですよ。

(‘o’)


$映像の看板・デジタルサイネージ専門店 | マンガード | 広島市・呉市-デジタルサイネージ呉・マンガード

マンガードでは、デジタルサイネージやWEB用のプロモーション映像制作を通じて、
事業者様の販促を支援しています。
詳細は下記よりご覧いただけます。

商品の詳しい説明
制作実績
お客様の声
→ブログやホームページ用の映像
お気軽にお問い合わせください(全国対応)


Moriuchi Taihei | バナーを作成

森内はFacebookを使っています。友達になりましょう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing