連綿と続ける


ほぼ日刊イトイ新聞

本当に尊敬する。並大抵のことじゃない。だからこそ光るわけだけどね。


継続は力なり。
こんなメルマガではありますが、
毎日続けるには、それなりに努力が要ります。
メタ視点ではありますが、
今回GW中のメルマガ配信を通じて、継続について思ったこと。

このゴールデンウィークで東京に出張しました。
久しぶりに、記事を用意するのに苦労したんです。
何本か書きためていた記事の品質がダメだったり、
賞味期限が過ぎていたりで、使えなかったから。

ということで、増量して書くしかない状況になりました。
のんびりした状況ならそれほど苦労しないのですが、
今回GW中に予定していた作業場の整理も手がつかないほど、
バタバタだったのです。

移動日を含めると出張は4日。
ストック記事は在庫0。ネタ帳の在庫も0。
出張二日前になって漠然と、
「これは、案外と連載記録中断のピンチなんじゃなかろうか」
と思ったのですが、
この危機感自体がすごく久しぶりで、新鮮でした。

で、結局根性で書きました。
出張当日、自宅を出発する時間を多少遅らせて、
出発直前までブログ更新を仕込みながら、メルマガの記事を書いてました。
余裕があれば、出先で記事を書くのですが、
今回立て込んだ状況だったので、出張先で書けるか怪しい。
案の定、出張後は商談&ホテルで缶詰。危ないトコロでした。

久しぶりのピンチに際して思ったことは、
「やっぱり、続けるのって、大変だわ」ということです。

日刊テキストサイトのお手本。
「ほぼ日刊イトイ新聞」のトップページには、
しれっとこんな文章が書かれています。

————————————————

1998年6月6日午前0時(バリ島時間)、
ほぼ日刊イトイ新聞はスタートしました。
以来、「ほぼ」といいつつ、
一日も休むことなく更新されています。
14年目の「ほぼ日」も、
どうぞよろしくお願いしますね。

「いつか無くなるものを求めちゃいかんのだよ。
無くなるものは、求めるためではなく、
そいつで遊ぶために、この世にあるんだからな」
(『セフティ・マッチの金の言葉』より)

http://www.1101.com/index.html

————————————————

企業活動ではありますが、主催の糸井重里氏は、
毎日コラムを更新しています(休んでいないハズ)
1日でも休んでしまうと、こんな事が書けなくなってしまう。
毎日続ける、と宣言している以上、毎日が背水の陣なんですね。

じゃあ、こんな面倒な事をして何が得られるのか。
さあ?僕には分かりません。
僕が期待している結果はあるものの、続けた当事者ではないのだから。
このメルマガはたった2年も継続していない、ひよっこの発信です。
まだまだ先は長く、何時途絶えるかも分からない。
いつの日か連載が途切れる日もあるでしょう。

それでも続けることを、今だに僕は毎日、選択しつづけているわけで、
これはやはり、僕が感じる「ご褒美」があるのです。
続けることで得られるものは、これまでも、僕が感じる事を書いてきました。
このお得感は、おそらく人によって違うのです。

(‘-’)

それが何かは、人によって違う、
でも「ある」事だけは、僕の経験から申し上げれると思います。
継続は難しい、しかし、継続は力なり。意味があります。

(‘o’)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing