発想の対価


アイデア

アイデアは無料じゃない。コストが掛かってる。それを得るには対価がいる。分かってるよね?
photo by qisur


発想って無料じゃないです。対価を払って得られるもの。
戦略戦術やアイデアを出す立場でありながら、それを練出せない人というのは、
大抵、必要な対価を支払っていないだけ。という気がする今日この頃です。

アイデアや戦略を生業とする人がいます。
経営幹部、コンサルタントや企画屋、マーケッター。
デザイン等のクリエーターもそうですね。
彼らは業務として、意図的にアイデアを生産します。
どうやって?発想に必要な対価を支払って。

朝から晩まで肉体労働に明け暮れる店長さんに、
「マーケティングの戦略を練ろ」と指示しても、難しいです。
それをやってのけるのは、特別な執念や才能を抱えている人であって、
本来無理のある話です。
身体が疲れれば頭も疲れます。負荷のかかる思考なんておぼつかない。
いわゆる「ど根性」を僕は肯定しますけど、
才能頼みのシステムに成果を期待しても、打率は低いです。

発想の対価とは何か?
僕が思う対価とは、摂取する情報と、考える環境です。
これにはお金が掛かります。

例えば、店長が自ら戦略や戦術を立案し、現場を教育し、
自立稼働しながら改善や改革を繰り返して、収益を伸ばす店舗であって欲しい。
多くの企業はそんな姿を望んでいます。
それでは、ビジョン実現の為に何を支払っているのか?
何も支払わずに願望のみを押し付けていないか。

考える時間を与えるため、店長をシフトから解放するにはお金が掛かります。
シフトの穴を埋めるためには、スタッフの時給が必要です。
でも実際は「そんな金は掛けられない」という経営者が多いです。
そして、育たない店長や社員の姿に苛立っている。

稀にやって来る、才能豊かな人を待つスタイルなら、それで良いと思います。
実際、お金を掛けて世話しなくても、伸びる人は勝手に伸びるでしょう。
ただ、然るべきチャンスや教育を経て、初めて伸びる人もいるのです。
対価無しに結果を得ようなんて、虫のいい話です。
それが人材の育成であろうと、あなた自身の発想力であろうと。

(‘-’)

欲しい結果の為に、何を支払えばいいのでしょうか?
あなたの時間の確保?コンサルティング?良質な読書?アウトプットの機会?
得たい結果の為に何をどれだけ投入すれば、最も良い結果になるのか。
それぞれの企業や個人で、最適なさじ加減があると思います。

(‘o’)


$映像の看板・デジタルサイネージ専門店 | マンガード | 広島市・呉市-デジタルサイネージ呉・マンガード

マンガードでは、デジタルサイネージやWEB用のプロモーション映像制作を通じて、
事業者様の販促を支援しています。
詳細は下記よりご覧いただけます。

商品の詳しい説明
制作実績
お客様の声
→ブログやホームページ用の映像
お気軽にお問い合わせください(全国対応)


Moriuchi Taihei | バナーを作成

森内はFacebookを使っています。友達になりましょう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing