読みやすい看板とPOPのコツ


本当に伝えるべきことは大きく。事故防止などの安全や生命に関わるサインシンボルを参考にすれば、重要度設定の感覚がつかめると思う。
photo by BONGURI


本当に効果のある広告の、画一的なフォーマットが存在するなら。
販促マーケティングなんて商売は上がったりでしょう。
虫食い式の看板雛形なんてのは、
作れない事はないでしょうけれども、効果があるとは限らない。
だから、殆ど存在しない。それだけです。

それでも、基本はありますので、抑えるだけで確実に効果は変わります。
案外と、基本を抑えていない人がいます。
難しい話じゃありません。現場でPOPや看板を自作している人は、
この「なーんだ、そんなことか」的なポイントを、
改めてチェックしてみては如何でしょうか。

ちなみに広告は書く「中身」が大事ですよ。
今日は、単なる書き方のポイントです。


■大きく書く

大きいほど目立ちます。
極太マジックor筆書き+模造紙。
とりあえず、現場で簡単に手に入る素材としては、コレが最強です。
A4サイズで告知を貼り付けている人が居ますが、
小さければ小さいほど、告知効果はやはり小さいです。
トイレや狭い通路等、限定的な場所は別ですけどね。

A4程度のサイズで出力する時点で、効果が薄い。
本気で告知したいなら、大きく書きましょう。

こういうとき、A4用紙で貼りだす人の言い分でありそうなのが、
「ウチにはA4プリンタしか無いから」
こういうのはナシにしましょう。
手段は目的の為に選択するものです。
近所の文具店で模造紙を買って、100均で筆と墨汁を買えば済むことです。
販促をやりたければ、それくらいやりましょう。安いですよ。

模造紙を勧める理由は、サイズが大きくて白色だから。
高白色タイプの模造紙があれば、なおよろしいです。
黒や赤の文字とコントラストが効いて、単純に読みやすいのです。
格好悪くて嫌だ?その通り、格好悪いです。使う場面は選ぶといいでしょう。
しかし、身近に安く手に入る素材で、視認性が最強であるのは事実です。

適切な文字の大きさは、実際に書いて貼り出してみれば分かります。
想定される場所から実際に眺めて、読めなければ書き直しましょう。


■読みやすく書く

丁寧に、太字で、楷書体やゴシック体で書きましょう。
行間はしっかり空けた方が読みやすいです。
文字に背景があるのはお勧めしません。文字のバックは白・地色が良いです。

小洒落た雰囲気で、写真や絵の上にタイトル文字が掛かるデザインがありますが、
実は可読性が下がっています。(この場合、文字周囲に十分な余白を取ればOKです)
プロでもよくあるデザインなのですが、あの辺は大人の事情があるか、
可読性について意識が薄いデザイナーの仕事です。
現場でPOPや看板を作る場合は真似しなくていいです。
文字の背景は白、もしくは薄い黄色をお勧めします。
地色は、白か黄色系以外の色だと、やはり可読性が若干下がります。

地紋は基本的にNGです。可愛く書くのも結構ですが、
特に女性の書くPOPで、可読性を落としている例を見かけます。

ついでに言うと、可読性を意識した広告というのは、
文字の色味ではなく、明るさの差(コントラスト)で読みやすくします。
カラーのチラシを白黒コピーしてみれば分かります。
明度での識別を意識した広告は、白黒でも読みやすい。
色味に頼った広告は、白黒コピーした途端、読みにくくなります。


■言いたいことを一番大きく書く

一番伝えたいことを1文章で、とびきり大きく書きましょう。
サイズや太さの差は、重要度を伝えるメッセージです。
サイズは本文の3~4倍が目安です。

本文とタイトルのサイズについて
大事な事は大きく、太く。
ひとまず、そこだけ読んでもらえればOKという考え方で行きましょう。
タイトルで興味が湧いたなら、本文を読んでもらえます。


■目に付く場所に置く

目線の高さから上下に外れると、びっくりするくらい見てもらえません。
人が壁の模様を気にしないように、視界に入っても注意が払われないです。
これも、実際に張り出して検証するのが早いです。

(‘-’)

可読性というのは、内容以前の問題です。
読みにくい看板やPOP、あるいはチラシは、基本的に出来損ないの広告です。
言い方を変えれば、読んで頂くという誠実性に欠けているわけです。
ご自分で看板やPOPを手がける場合は、意識してみてください。


$映像の看板・デジタルサイネージ専門店 | マンガード | 広島市・呉市-デジタルサイネージ呉・マンガード

マンガードでは、デジタルサイネージやWEB用のプロモーション映像制作を通じて、
事業者様の販促を支援しています。
詳細は下記よりご覧いただけます。

商品の詳しい説明
制作実績
お客様の声
→ブログやホームページ用の映像
お気軽にお問い合わせください(全国対応)


Moriuchi Taihei | バナーを作成

森内はFacebookを使っています。友達になりましょう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing