勉強について


読書|ビジネス戦略の基礎力

人間のスゴイところは、蓄積された情報に時間を経てアクセスできることだ。大起業家や芸術家の思考を100年後も咀嚼できるなんて、半端無い。  photo by Jayel Aheram


このブログ記事の元記事はメルマガなのですが、
http://archive.mag2.com/0001177350/index.html
一昨日の記事「急激に伸びる方法」のアンケート結果で
「さらに掘り下げて続きを読みたい」に投票された方が多かったのです。
リクエストにお応えする形とはいえ、突っ込んで書いて良いのだろうか。
一介のフリーランスが書くのは僭越ではないか。
今回書いた記事を読み返して、そうも思ったのですが、
「基礎」を扱うメルマガ&ブログということで、ご容赦ください。


■読書

一番安上がりな勉強が、読書です。
しかも、自分の意思で情報を選べますし、自分のペースで学べます。

良書・名著を沢山読むなら、それに越したことは無いと思いますが、
生憎僕は、あまり沢山の本を読むのが苦手です。
なので、こう自己弁護しています。

「例え小さな書棚でも、如何に価値のあるラインナップであるか」

人は、読んだ本に影響されます。ですから、
本棚を見ると、その人の価値観・能力・性癖まで、全部分かってしまいます。
(僕の本棚には漫画が沢山入っています^^;)
ビジネスマインドの基盤となるあなたの書棚には、何が入っていますか?

手に取る本は厳選した方が良いと、僕は考えます。
5年後には会社を潰すであろう、
バブリーな経営者の自伝を読むヒマがあったら、
20年間企業を育て続けた先達のノウハウを読んだ方がいい。
僕は、そんな視点で本を選んでいるつもりです。

今時は名刺がわり・広告がわりに本が出せる時代です。
ビジネス書の分野では、品質の格差は開く一方です。
何を手に取るかは、本当に考えた方がいいですよ。
もう一度ルールの確認。人は読んだ本に影響されます。
あなたは何に影響されたいですか?何から影響を受けていますか?


■音声

自動車通勤・電車通勤の人は幸運です。オーディオで学習できますから。
繰り返し学習するのに、音声学習は最適です。
日本有数のアフィリエイター、川島和正氏が
ある音声学習教材の推薦文で、こんな事を書いています。

当時は医薬品の営業マンだったので営業車の中で聞き続けました。
特に感情のコントロールと目標の明確化については数百回聞いたと思います。


さらっと流してますけど、「数百回」ですよ。
一冊の本を、数百回読み返せますか?
勿論、強く影響を受けるのですから、受け入れる教材は慎重に選ぶといいでしょう。


■セミナー

良質なセミナーで得られる学びは多大です。但し、
セミナーを通じて、結果を出す人・出さない人に分かれることに注意しましょう。
結果が出ない人は、自分で復習・行動できない人です。
セミナー依存症は存在します。
勿論、セミナーを通じて自己に革命をおこしたり、大きく成長する人も多いです。
結局本人次第ですし、本人の責任です。
「自分を変えてもらえる」と夢にも思わないことです。
得た知識や感動で、自分を変える気概があるなら、割安な投資だと思います。


■メルマガ

自分に必要なメルマガを読みましょう。
実は一昨日の記事で、こんな一文を入れようとして、やめました。

ウチのメルマガだって同じです。
あなたが本当に必要なら読めばいいし、惰性で読むなら解除した方が良い。
本気で言ってますよ。
今現在だって、当メルマガは、解除する人・登録する人が常に交差しています。
それでいいんです。


そして、今回の記事ではこう書きました。

5年後には会社を潰すであろう、
バブリーな経営者の自伝を読むヒマがあったら、
20年間企業を育て続けた先達のノウハウを読んだ方がいい。


このメルマガも例外ではありません。
このメルマガは「ビジネス戦略の基礎力」です。
投資や高度な組織運営を題材にしませんし、僕の扱う分野ではない。
あなたの次のステップに相応しいメールマガジンもあるハズです。

(‘-’)

ちょっと逆切れ気味に書きますけどね。
学びについて僕にリクエストするなら、
僕が紹介している無料音声や書籍を買えばいいですよ。
延々と紹介しているでしょう。ホントに!
品質を僕が知っているから、紹介してるんです。

僕の紹介している書籍を、ご自分の判断で評価して、
僕が紹介もしていない、ダイレクト出版の配本サービスを契約して、
毎月洋書(日本語訳)を取り寄せている人も居るんです。
一方、無料情報で美味しいモノは無いか探すだけの人もいる。
両者の結果にどんな差が出るか、お分かりでしょう。

メルマガだから柔らかく言ってますけど、
仮に僕に部下がいて教育をするなら、問答無用でやってます。
「良書を読み、行動しろ。さっさとやれ!」


$映像の看板・デジタルサイネージ専門店 | マンガード | 広島市・呉市-デジタルサイネージ呉・マンガード

マンガードでは、デジタルサイネージやWEB用のプロモーション映像制作を通じて、
事業者様の販促を支援しています。
詳細は下記よりご覧いただけます。

商品の詳しい説明
制作実績
お客様の声
→ブログやホームページ用の映像
お気軽にお問い合わせください(全国対応)


Moriuchi Taihei | バナーを作成

森内はFacebookを使っています。友達になりましょう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing