愛読書を読み返す


読書

愛読書の有無。成長の差は大きい。photo by yosshi


自分が過去に「これ!」と思った本を読み返してみるといいです。
どれほどの内容が頭から抜け落ちているか驚くでしょう。
数カ月前の書籍ですら、大半が抜け落ちています。

最新情報は、時代に対応するために必要ですが、
素性の分からない最新知識との付き合いは節度を持って、
確かな情報を繰り返し学び、吸収率を上げては…とも思うのです。
良書というのは、スルメのようだなぁと思います。
読み返す度に発見があって、自分に活かせるのですから。

先日アルバイト関連の記事を書きましたが、
ビジネス系の良書を愛読していない人は、ちょっと気の毒だと思います。
ステップアップには良質な知識が必要です。
どれくらい必要かというと、「絶対」です。
無知のまま上手いことやろうなんて、虫が良すぎます。

「愛読書は何ですか?」という質問に、スラリと答えられるのが望ましい。

僕は別に読書家ではありませんし、
世間が「読んでるだろ普通」という本を読んでいない事も多いです。
でもまあ、僕の好みの範疇で、ステップアップに使えそうな本を何冊か挙げてみます。
洋物ばかりですいません。
しかしながら、上手に吸収すれば、アルバイトの範疇に留まるのは不可能です。

(‘-’)

■7つの習慣 スティーブン・R・コヴィー著
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906638015/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&tag=mangakigyou-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4906638015
自己啓発書の名著です。
当メルマガの記事に適応する人は、必ずお読みください。
悪いことは言いません。読みなさい。
一定レベルより上の経営者にとっては、殆ど常識の範疇です。
原書の初版は1989年、日本語版は1996年に出版されました。
今だ世界に多大な影響力を及ぼしている本です。
この本の言わんとする事を読み解けない程度で、
組織における相互理解とか、現状からの脱却とか、ちゃんちゃらオカシイです。
同じ所をグルグル回る人生が嫌なら、読みなさい。
この本を通じて、ビジネスマインドを学ぶことをお勧めします。
技術の前に心が必要です。心が無い技術は悪い方向に進んでしまいます。


■お金の科学 ジェームズ・スキナー著http://www.amazon.co.jp/gp/product/4894514370/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&tag=mangakigyou-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4894514370
これも自己啓発系ですが、お金の概念について詳しく説明されています。
自分が働く事がどんな価値を生み出し、お金に変わるのか。
労働が価値創造であることを、この本を通じて学ぶといいでしょう。
普段の働きぶりが革命することで、どんな現象が起きるか?
あなたの仕事次第で、あなたの人生が変わることが理解出来るはずです。
アルバイトからのステップアップだけを考えるなら、
「7つの習慣」と「お金の科学」だけで足りるでしょう。
今日上げた4冊の中で、一番読みやすいです。
アマゾンのマイナス批評なんざクソ食らえです。


■シュガーマンのマーケティング成功事例大全(1)(2) ジョセフ・シュガーマン著
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4904884205/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&tag=mangakigyou-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4904884205
この本は、技術の解説書というより、読み物として面白いのでピックアップしました。
ある大成功した経営者の冒険譚なのです。
失敗の広告、成功の広告、包み隠さず事情が書かれています。
僕の作る広告はシュガーマンのスタイルを踏襲しています。
誠実で嘘がなく、十分な説明の広告の力について僕は学びました。
読者として楽しみながら、出てくる広告を真似るだけでも、現場では効果が期待できます。
マーケティングの良書は数多いですが、
まずはこの辺から初めて、経営者の冒険を身近に感じると、入り口として良いと思います。


■億万長者の不況に強いビジネス戦略  ダン・S・ケネディ著
http://123direct.info/tracking/af/348686/58EAFXDf/
とても厳しい事実が書かれている本です。
起業を目指している人は読んでおいた方がいいでしょう。
社員として、経営者の厳しい思考がどの辺にあるか把握するのにも役立ちます。
ただ、この本に影響されすぎると、かなり擦れた人格になる可能性があります。
他の本も読んで、心のバランスを保ちながら読む事をお勧めします。

(‘o’)

【新刊】著書を書いて一儲けする方法
http://123direct.info/tracking/af/348686/JhioVQjv/



$映像の看板・デジタルサイネージ専門店 | マンガード | 広島市・呉市-デジタルサイネージ呉・マンガード

マンガードでは、デジタルサイネージやWEB用のプロモーション映像制作を通じて、
事業者様の販促を支援しています。
詳細は下記よりご覧いただけます。

商品の詳しい説明
制作実績
お客様の声
→ブログやホームページ用の映像
お気軽にお問い合わせください(全国対応)



Moriuchi Taihei | バナーを作成

森内はFacebookを使っています。友達になりましょう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ADD YOUR COMMENT

WP-SpamFree by Pole Position Marketing